*

変わりゆく野球中継、テレビ、ネット、そして・・・

2014/08/13 | 野球の制度

 一昔前は、夏の夜にテレビがついているとすればプロ野球中継という事が多かったように思う。最近は地上波でナイター中継される数は開幕や優勝間近以外で中継されることはほとんどなくなった。しかしそれはプロ野球

続きを見る

下級生がいるほうが強い!?野球のチーム構成を考える

2014/08/12 | アマチュア野球

 夏の高校野球選手権大会が開幕した。1日目で気になったのが、2年生や1年生など下級生が中心選手として活躍していること。この点について、元プロ野球のスカウトの日野茂氏はに聞いてみた。 下級生の起用

続きを見る

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

2014/08/11 | 高校野球

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が行われ、シンプルながら堂々とした宣誓が行われました。これまでの選手宣誓についてまとめてみます。 今

続きを見る

夏の高校野球出場校の宿舎マップを作ってみた

2014/08/08 | 高校野球

 夏の高校野球甲子園大会は明日から始まります。甲子園出場校の宿舎は毎年公表されています。そのマップをGooglemapで作成してみました。 49校の宿舎マップ  公表されている宿舎で地図を作ってみ

続きを見る

プロ野球のコーチはこういうプレーを見逃さない!

2014/08/07 | プレー解説

 日野茂氏は中日ドラゴンズや西武ライオンズで内野手としてプレーし、その後、西武ライオンズや横浜ベイスターズで内野守備を中心にコーチを務め、2軍監督はヘッドコーチなどを務めた。埼玉県の野球塾・ゼロベース

続きを見る

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

2014/08/05 | 高校野球

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選手は、自らの進路のために大学のセレクションや社会人の練習体験などに参加しています。  中学生が高校

続きを見る

都市対抗橋戸賞の西濃運輸・佐伯尚治投手、プロが獲る可能性はあると元スカウトが評価

2014/08/04 | 社会人野球

 今年の都市対抗は大垣市の西濃運輸が優勝した。決勝の富士重工戦で完封した佐伯尚治投手は31歳のベテランだが、元プロスカウトの日野茂氏に評価をお願いした。 社会人9年目のベテラン  佐伯尚治投手は社

続きを見る

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

2014/08/01 | 高校野球

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽知大投手、その後、秋の大会では初戦で右手の違和感を訴えで降板すると故障が判明し、その後、約1年間をか

続きを見る

高校野球の応援曲のルーツ~第4回:流行曲~

2014/07/31 | 高校野球

 高校野球応援特集、第4回、今回は流行曲です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツ、そして第3回はプロレスルーツものをまとめました。そして今回は、ルーツとは言えないと思

続きを見る

西濃運輸・佐伯尚治投手の涙とルーズヴェルト・ゲーム

2014/07/30 | 社会人野球

 都市対抗野球は西濃運輸が優勝し、黒獅子旗を手にした。創部55年目、都市対抗に33度出場の末の初優勝だった。9年目のベテラン・佐伯尚治投手は9回2アウトの場面で、すでに目は涙で潤んでいた。 社会人野

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑