*

【高校野球選手の進路】すぐにプロに入るか、大学・社会人を経由するか

2014/08/28 | 高校野球

 夏の高校野球が終わり、3年生の高校球児達は自分の将来について考える。野球推薦で大学に入学すべくセレクションを受けたり、練習会に参加したりしている選手もいれば、野球は高校生までとして、大学の受験勉強や

続きを見る

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

2014/08/26 | 高校野球

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの3人が福岡県出身で、小学校6年生の時に福岡ソフトバンクジュニア入りしている。そしてそのチームメイトに

続きを見る

高校野球は大阪桐蔭が優勝!夏の甲子園の勝率は8割8分、8度出場して4度優勝

2014/08/25 | 高校野球

 夏の高校野球が大阪桐蔭が優勝した。大阪桐蔭はこれで夏の大会は4度目の優勝で、中京大中京の7度、広島商の6度、松山商の5度に次ぎ、PL学園と並ぶ優勝回数となった。そして、夏の大会に出場して優勝するのは

続きを見る

高校野球のベスト8と地域の差

2014/08/22 | 高校野球

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、近畿、九州も残り、各地方を代表するチームの対戦となる。 ベスト8進出チームは?  ベスト8の対戦

続きを見る

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

2014/08/21 | 高校野球

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れた。大阪桐蔭は大阪府代表だが大阪府大会は180校が出場している。対する八頭高校は鳥取県の代表だが鳥取

続きを見る

女子野球選手はワールドカップ4連覇を狙う!

2014/08/20 | 侍ジャパン

 IBAF女子野球ワールドカップ大会が9月1日から宮崎県で行われる。この大会には、日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ベネズエラ、香港、チャイニーズタイペイ、オランダの8か国が参加するが、日本代表

続きを見る

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

2014/08/19 | スカウト活動

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日野茂氏に聞くと、難しそうな表情をして「スカウトは時代によって評価されるポイントが変わる」と言いながら

続きを見る

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場すると、高校生選手のスカウト活動はひと段落をします。 高校3年生のすべての大会が終了  高校生の

続きを見る

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

2014/08/14 | プロ野球

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。  2000年8月15日、横須賀スタジアムで行われた湘南シーレックス(現横浜DeNAベイスターズのファーム)

続きを見る

甲子園でホームランを打つのは5000人に1人の奇跡

2014/08/14 | 高校野球

 夏の高校野球、今大会は既に10号ホームランが出ている。甲子園でホームランを打つ事ができるのは、全国の高校野球部員の中で何パーセントの選手なのでしょうか? 夏の甲子園に出場する選手は?  今年度の

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑