*

「 アマチュア野球 」 一覧

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

2014/10/10 | 大学野球

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかないようだが最速149キロの速球を投げ、関西ではNO1、全国でも屈指の右腕投手として評価されている。

続きを見る

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

2014/10/09 | 大学野球

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗を経験した。 秋季リーグ戦になり、徐々に復活の兆しも見え始めた島袋投手について、プロで活躍できるのか

続きを見る

高校野球のタイブレーク導入に5割が支持のアンケートは適切か?

2014/09/30 | 高校野球

   高校野球連盟は、選手の健康管理に関するアンケート結果を公表した。報道によると、「回答した3951校のうち、1964校がタイブレーク導入を支持した」とされているが、果たして本当に支持さ

続きを見る

東京大の勝利は近い

2014/09/16 | 大学野球

 日曜日の東京六大学、慶応大vs東大の試合は10-4で慶応大が勝利し、東大がリーグの連敗記録を78へと伸ばしてしまいました。しかし、東大の勝利の予感を十分感じさせる内容でした。 攻撃の形  東大4

続きを見る

クラブチームの甲子園とクラブチームの実態

2014/09/09 | 社会人野球

 ベースボールクラブチームの甲子園でもある、全日本クラブ野球選手権大会が西武ドームで開催された。決勝戦は萩本欽一氏が創設した茨城ゴールデンゴールズと、都市対抗本選に出場した松山フェニックスが対戦し、延

続きを見る

【高校野球】レギュラーをめぐる戦いがスタート

2014/09/04 | 高校野球

 夏の高校野球大会が8月25日にやや遅めに幕を閉じて1週間と少し、高校野球はその大会中からすでに、来年に向けた大会が始まっている。 チームは毎年変わる  秋の大会には3年生は出場することは出来ない

続きを見る

高校野球の監督の情熱

2014/09/03 | 高校野球

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、以降、済美高校の監督に就任するなど2014年まで37年間の監督生活を続け、現役のまま亡くなられた。

続きを見る

野球選手の進路選択 自分の人生!周りの目を気にしてブランドだけで選ばない選択肢

2014/09/02 | アマチュア野球

 小学生前後に野球をはじめた選手の多くは、プロ野球選手になりたいという夢を描くのではないかと思います。そのためには有名な高校に進み、有名な大学に進み、そしてプロへという道を思い描くでしょうが、果たして

続きを見る

高校野球、エラーで負けてしまった選手たちへのメッセージ

2014/08/29 | 高校野球

 夏の高校野球大会、甲子園では49校による48試合が行われ、そのうちサヨナラで試合が終わったのは5試合だった。全国では3917校が戦い、その中でサヨナラの試合もたくさんあっただろう。  市和歌山と鹿

続きを見る

【高校野球選手の進路】すぐにプロに入るか、大学・社会人を経由するか

2014/08/28 | 高校野球

 夏の高校野球が終わり、3年生の高校球児達は自分の将来について考える。野球推薦で大学に入学すべくセレクションを受けたり、練習会に参加したりしている選手もいれば、野球は高校生までとして、大学の受験勉強や

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑