*

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

公開日: : プロ野球

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望んだ瞬間だった。その石毛氏が、西武のCSの戦い方を分析しました。

普段通りやるしかない

日本シリーズに出場すること11度、通算で67試合も戦った石毛宏典氏は、まず日本シリーズなどポストシーズンの戦いについて、「いつもと違う野球はできない。普段通りの野球しかできない」と話し、CSだから、日本シリーズだから特別な戦い方という事はないと話す。「リーグを戦った実力、戦い方で戦うしかない。そのうえで短期決戦は調子や運などの要素もある。良い状態で戦いに臨めるかどうかもそのチームの実力」だと話す。

今年の西武ライオンズの戦い方は、「打線で上回った。秋山、源田、浅村、山川や森、おかわりなど、これだけの打線は他にはなかった」と話し、「バッターが怖くて四球を出す。その四球からチャンスが広がり得点につながった」と話し、強力打線が相手の怖さを誘い、さらに打線優位で戦える形になったと分析した。

そして、「投手は防御率で最下位。とにかく打ち勝つしかない。」と、CSの戦い方についても語る。「特に西武はリリーフ陣の防御率が悪い。だから先発は打たれても変えずに使い続ける形になる」と話した。福岡ソフトバンクとの初戦、エース・菊池雄星は3回まで1失点も4回に連打を浴びて5失点したが投げ続け、結局5回までを投げた。第2戦も多和田が3回までに5点を失うが、そのまま投げ続け6回まで投げた。「とにかく打線を信じて、先発が投げ続けるしかない」と話した。

今年はとにかく打ち勝つ野球。黄金時代の西武ライオンズとはまた違う戦い方で、日本シリーズ進出を目指す。

(プロフェッショナルビュー・ベースボール編集部)

関連記事

プロ野球選手のポジションの変更は?

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒

記事を読む

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

選手の故障の昨今

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑