*

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

公開日: : プロ野球

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望んだ瞬間だった。その石毛氏が、西武のCSの戦い方を分析しました。

普段通りやるしかない

日本シリーズに出場すること11度、通算で67試合も戦った石毛宏典氏は、まず日本シリーズなどポストシーズンの戦いについて、「いつもと違う野球はできない。普段通りの野球しかできない」と話し、CSだから、日本シリーズだから特別な戦い方という事はないと話す。「リーグを戦った実力、戦い方で戦うしかない。そのうえで短期決戦は調子や運などの要素もある。良い状態で戦いに臨めるかどうかもそのチームの実力」だと話す。

今年の西武ライオンズの戦い方は、「打線で上回った。秋山、源田、浅村、山川や森、おかわりなど、これだけの打線は他にはなかった」と話し、「バッターが怖くて四球を出す。その四球からチャンスが広がり得点につながった」と話し、強力打線が相手の怖さを誘い、さらに打線優位で戦える形になったと分析した。

そして、「投手は防御率で最下位。とにかく打ち勝つしかない。」と、CSの戦い方についても語る。「特に西武はリリーフ陣の防御率が悪い。だから先発は打たれても変えずに使い続ける形になる」と話した。福岡ソフトバンクとの初戦、エース・菊池雄星は3回まで1失点も4回に連打を浴びて5失点したが投げ続け、結局5回までを投げた。第2戦も多和田が3回までに5点を失うが、そのまま投げ続け6回まで投げた。「とにかく打線を信じて、先発が投げ続けるしかない」と話した。

今年はとにかく打ち勝つ野球。黄金時代の西武ライオンズとはまた違う戦い方で、日本シリーズ進出を目指す。

(プロフェッショナルビュー・ベースボール編集部)

関連記事

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

OBへの尊敬

昨日、侍ジャパンと強化試合で対戦した台湾のナショナルチーム、その4番を打った陳金鋒選手のセレモニーが

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑