*

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

公開日: : プロ野球

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望んだ瞬間だった。その石毛氏が、西武のCSの戦い方を分析しました。

普段通りやるしかない

日本シリーズに出場すること11度、通算で67試合も戦った石毛宏典氏は、まず日本シリーズなどポストシーズンの戦いについて、「いつもと違う野球はできない。普段通りの野球しかできない」と話し、CSだから、日本シリーズだから特別な戦い方という事はないと話す。「リーグを戦った実力、戦い方で戦うしかない。そのうえで短期決戦は調子や運などの要素もある。良い状態で戦いに臨めるかどうかもそのチームの実力」だと話す。

今年の西武ライオンズの戦い方は、「打線で上回った。秋山、源田、浅村、山川や森、おかわりなど、これだけの打線は他にはなかった」と話し、「バッターが怖くて四球を出す。その四球からチャンスが広がり得点につながった」と話し、強力打線が相手の怖さを誘い、さらに打線優位で戦える形になったと分析した。

そして、「投手は防御率で最下位。とにかく打ち勝つしかない。」と、CSの戦い方についても語る。「特に西武はリリーフ陣の防御率が悪い。だから先発は打たれても変えずに使い続ける形になる」と話した。福岡ソフトバンクとの初戦、エース・菊池雄星は3回まで1失点も4回に連打を浴びて5失点したが投げ続け、結局5回までを投げた。第2戦も多和田が3回までに5点を失うが、そのまま投げ続け6回まで投げた。「とにかく打線を信じて、先発が投げ続けるしかない」と話した。

今年はとにかく打ち勝つ野球。黄金時代の西武ライオンズとはまた違う戦い方で、日本シリーズ進出を目指す。

(プロフェッショナルビュー・ベースボール編集部)

関連記事

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

変わる背番号

プロ野球では新入団選手の発表が行われ、また他球団からの移籍選手や新外国人選手の入団なども続々ときまっ

記事を読む

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑