*

大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

公開日: : 注目選手

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季を迎える。メジャーでも二刀流に挑戦するとみられる大谷翔平選手、果たしてメジャーでどのような活躍を見せることができるのか、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。

投手として

大谷投手は身長も193cm、投げる球も165キロとメジャーリーグでもトップクラスの球速を誇る。故障の影響も懸念されるものの、メジャーリーグの今年の新戦力の評価としてトップランクと評価される実力は既に持っている。

石毛氏は大谷選手の投手としての活躍について、「決してコントロールが良い投手とは言えない。」と話し、ポイントは「コントロール」とした。メジャーで活躍を見せている前田健太投手は制球力が良い投手で、また「メジャーリーグの質の悪い球でスライダーが曲がるようになって通用した」と話した。大谷投手も140キロ以上のスプリットやスライダーを投げ、実力は非常に高いものを持っていると石毛氏も認めた上で、それを活かすコントロールをチェックしたいと話した。

また先発投手ではメジャーリーグでは通常、中4日での登板が求められる。前田健太投手は体力的にそれが厳しくなり、リリーフで起用される形となっているが、大谷選手が先発投手として結果を出すには、中4日の登板でどれだけ結果を残すかという事になる。

二刀流として

次に野手も含めた二刀流としての活躍について聞くと石毛氏は、「そうなるとチームから試合に出場する野手が一人減る事になり、主張の強いメジャーリーグの選手が、チームのそういう方針を受け入れるかどうか」とチームの問題を指摘した。

ただし石毛氏は、「大谷が二刀流で活躍する事は本当に願っている。大成功をしてほしいと思っている」と話し、それらの問題をクリアして二刀流でメジャーでの活躍を「野球人として」と期待をしている。

エンゼルスを選択したことについても、以前ドジャースにコーチ留学をしていた石毛氏は、「気候も温暖だし、人も温かい。良いところを選んだと思う」と話した。東海岸の特にヤンキースなどは期待した選手が少しでも失敗をすると、ファンもマスコミも厳しくなるし、何より「寒い中でプレーするのは不安」だったと話す。その点も当然考慮して球団を選択したものと思うが、野球をするための環境づくりも大切である。

 

その他のメジャーリーグ挑戦投手について

この他にも今年は、元オリックスの平野佳寿投手がダイヤモンドバックスで、牧田和久投手がパドレスと契約した。涌井秀章投手もメジャー挑戦の意志を表明しているが石毛氏は「厳しい挑戦になると思う」と話した。「平野についてはリリーフで打たれているイメージが強い。牧田も変則フォームだが球威が必要。以前は球威もあったが」と話した。

球威の無い投手は、メジャーリーグに行くと球威を上げようとして「肩を振って投げるようになる。そうすると故障のリスクが高くなる」と話した。松坂大輔投手も肩を振って投げるようになり、結果的に故障をしている。

基礎となる球威、そしてコントロールが十分備わった投手でも苦労をするメジャーリーグへの挑戦、平野投手や牧田投手がメジャーリーグでどのような変化をして対応していくのかに注目したい。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

羽ばたく野球塾卒業生、見違える姿を!

 いよいよ本日、2015年の選抜高校野球大会の出場チームが決定する。ZEROベースボールアカデミーを

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

元プロ野球スカウトが日大三島の小澤怜史投手を評価する

 高校野球のセンバツ大会、東海地区からは静岡高校と県岐阜商が出場します。静岡大会の優勝チームと準優勝

記事を読む

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

その時を待つ斎藤佑樹投手、その凄さは大舞台で

 2010年のドラフト会議、4球団がドラフト1位指名して華々しくプロ野球に入った北海道日本ハムの斎藤

記事を読む

ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。今年のドラフト1位候補にはどん

記事を読む

第86回選抜高校野球大会の注目の野手、智弁学園・岡本和真選手を元スカウトが見る

第86回選抜高校野球大会も、準々決勝となりました。 一通りのチームが出場し、実力を出し切れたチ

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

野球を新たなステージに持っていく選手、北海道日本ハム・大谷翔平

 北海道日本ハムの大谷翔平投手が160キロを記録し、5回まで10奪三振という投球を披露した。速球は常

記事を読む

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑