*

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

公開日: : プロ野球

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそうな12人の選手を評価したが、実際に1位指名されたのはその中の8人だった。今年のドラフト1位指名12人がなぜ、1位指名されたのかを考えてみる。

ドラフト1位指名12人

まずドラフト1位指名選手12人をまとめる。(以前の記事で12人に挙げていた選手には○をつけます)

千葉ロッテ・○安田尚憲内野手
東京ヤクルト・村上宗隆捕手
日本ハム・○清宮幸太郎選手
中日・○鈴木博志投手
オリックス・○田嶋大樹投手
巨人・○鍬原拓也投手
東北楽天・○近藤弘樹投手
DeNA・○東克樹投手
西武・斉藤大将投手
阪神・馬場皐輔投手
ソフトバンク・吉住晴斗投手
広島・○中村奨成捕手

ちなみに他に挙げていた4人は、青藍泰斗・石川翔投手(中日ドラフト2位)、熊本工・山口翔投手(広島ドラフト2位)、日立製作所・鈴木康平投手(オリックスドラフト2位)、横浜・増田珠選手(ソフトバンクドラフト3位)、そしてもう一人、慶応大の岩見雅紀選手(東北楽天ドラフト2位)でした。

ドラフト1位指名の理由

まず、清宮、安田、中村、田嶋の3選手はドラフト1位指名間違いなしと評価されていました。安田選手が1回目の入札で名前が呼ばれませんでしたが、2度目の入札で複数球団が競合しました。

次に東克樹投手は1位指名確実ではなかったものの、左腕投手で田嶋投手と肩を並べるという声もあり、外れ1位では確実に指名される投手と予想されていました。実際にはDeNAが単独1位指名をします。

次にスケールのある投手として、鈴木博志投手と近藤弘樹投手は投げる真っすぐの力が今年の候補の中でずば抜けていました。将来、ドラフト1位投手に恥じない力を見せてくれるという評価だったとみられます。

そして次に評価されたのが村上捕手で、1年生から名門九州学院の4番を打つなど打撃の評価が高かった選手ですが、スカウトの話では、3年時に捕手としての評価も高まった事が外れ1位で競合したことに繋がったようです。

斉藤大将投手は西武がどうしても左の投手を獲得したかったことが大きいとみられます。変則左腕は貴重であり、また、4年秋のシーズンに先発としてフォームが少し変わり、粘りのある投球が評価されました。

馬場皐輔投手は2度の抽選を外した阪神とソフトバンクが指名となりました。スケールのある投手として、鈴木博志投手、近藤弘樹投手に次ぐ力のある投手と評価されていました。

そして最後にソフトバンクは吉住晴斗投手を指名しました。それほど名前が挙がった投手ではありませんでしたが、工藤監督が投球の映像をみて高く評価し、上位指名をすることを決めていたようです。3度の抽選を外してしまい、1位で指名されました。

 

結局、高校生投手で最初に指名されたのは吉住投手で、評価の高かった石川投手、山口投手は2位での指名となりました。またスケールのある投手のグループに入っていた鈴木康平投手は2位での指名となり、東京六大学で21本塁打の岩見選手も2位指名となりました。

そして増田選手は3位での指名、神奈川大会4本塁打で注目されましたが、甲子園やその後のU18で苦労したことや、外野手だったことから各球団のランクづけでは後回しになった形となりました。

 

しかしもちろん、ドラフト時の順位ではなくプロ入り後の活躍が重要です。これらの選手がどのような活躍を見せてくれるのか期待が膨らみます。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

プロ野球選手のエラーと教育、横浜DeNA・白崎浩之選手

セリーグの最下位に低迷する横浜DeNA、4月23日の巨人戦では2年目のショート・白崎浩之選手が3失策

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑