*

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

公開日: : 高校野球

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だった。

軸が投手に向かっていく

この話をしたのは、夏の甲子園の記録となる1大会6本のホームランを放つ前だった。初戦の中村選手をの打撃を見て石毛氏は、その打撃フォームに注目した。

「今の選手は軸回転を意識しているが、回転だけでなく、軸を投手の方に移動させていく、投手に向かっていく形が重要」と話した。そのメリットとして、その場で回転仕様とするよりも軸を前に移動させた方が、投球に対応させやすくなることを挙げた。

今シーズン途中まで打率4割を残していた北海道日本ハムの近藤選手も、軸を動かす動きで確実に球を捉えることができるようになった事を挙げ、中村選手も打率も残せる選手になると話した。

この打撃フォームは、「大学生や高校生もマネするべきだし、プロ野球選手だってマネするべきと思う」と話した。

 

守備面も高く評価

また甲子園で見せたバント処理のフットワーク、そしてセカンドまでの送球を見て、プロでも活躍できる選手だと感じたという。機敏な動きが求められる中で、瞬間の体の使い方が分かっている選手だとした。

 

現在、少年野球選手は、Youtubeなどでプロ野球選手の打撃フォームを見てマネをしていると思う。筒香選手、山田選手、柳田選手、そして清宮選手などを参考にしていると思うが、是非、この中村選手の打撃フォームもマネをして見てください。何か掴むものがあるかもしれません。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。 意外な選考

記事を読む

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの

記事を読む

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

来年の野球はどうなる? その1:高校野球

 今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。 2015年の高校野

記事を読む

浦和学院は3日目第3試合!!

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZER

記事を読む

高校野球の名将の引退

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は20

記事を読む

no image

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてき

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

高校野球100年、審判員も100年

 100年目の高校野球大会が開幕した。第一回全国中等学校優勝野球大会は1915年8月19日~23日に

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑