*

レギュラー争いと選手の成長

公開日: : プロ野球

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるという首脳陣もコメントも聞かれるが、実際にはどういう物なのか? 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、西武ライオンズコーチだった日野茂氏に話を聞いた。

レギュラーと控え

選手はキャンプ、オープン戦でそれぞれのポジションでプレーをアピールし、開幕のレギュラーを目指す。そして基本的にはレギュラーと控えの役割が決まり、レギュラーは結果を残し続ける事、試合に出場し続ける事が求められる。そして控え選手は、レギュラー選手が不調になったり故障をした時に出場したり、守備固めなど特徴を活かせる場面で試合に出場をする。

基本的に首脳陣は、キャンプ、オープン戦で、この1年間はこの選手でいく、という事を決める。シーズンが始まると、なかなか結果が出せず、また控え選手が結果を残してレギュラーを奪う事もあるが、基本的に監督の頭の中では8人のレギュラーの名前が固定されている。

石毛氏は、「レギュラーが決まると、控え選手も含め役割を理解するようになり、チームが安定する」と話す。西武の黄金時代にように、レギュラーや打順が固定されると、選手は相手との戦いに目を向けることができる。メンバーが固定されていないと、例えば試合で2打席打てないと、「次打てなかったら交代だ」と考えてしまうようで、ベンチの方を見ながらのプレーとなってしまう。そのため、その打席では無茶な球をスイングしてみたりと、落ち着いてプレーはできないという。

きちんと対戦相手と戦うためにも、レギュラーは交代されるという心配を消して、落ち着いて集中させる必要もあるのだ。

 

控え選手の生き残り方

石毛氏は入団以来、ショートやサードのレギュラーとして出場し続けた選手だが、石毛氏にポジションを奪われる怖さはなかったかと聞くと、「まったくなかった」と話した。ショートからサードに転向した時も、足の故障と、サードを守っていた秋山選手が外野でのプレーを希望していたからで、ポジションを奪われるという事は考えなかった。

逆に日野氏は、現役時代は内野の控え選手の役割だった。しかしその中で、「あいつよりは守備はうまくなろう」と自分の特徴を磨く事で、プロ野球の生き残りを考えたという。

石毛氏は話す。「ソフトバンクのキャンプでブルペンを見ると、若い選手がみんな似たようなフォームですごい球を投げている。確かに凄い球を投げるけど、それでバンデンハークを越えるストレートを投げられるのか、千賀を越えるフォークを投げられるのか、武田を越えるカーブを投げられるのか、それを考えていない。」

一軍でプレーさえすれば、例え控えだったとしても、与えられた役割で仕事ができれば5000万円くらいの年俸にはなる。だけど、一軍でプレーしなければ年俸は上がらず、続々と入ってくる若手に越されていくだけである。石毛氏は「飯を食うところなんだから、チーム事情を自分で考えて、どうすれば1軍でプレーできるかを考えるべき」という。

投手であれば、サイドスローなどで必ず左バッターを抑えるようにする、野手であれば、足や守備は誰にも負けないようにするなど、自分で生き残り方を考えなければいけない。

運の要素も

レギュラーの話に戻る。石毛氏がサードにコンバートされるとき、その後にショートを守ったのは田辺徳雄選手だった。この時、西武でコーチをしていた日野氏は「この時はショートに選手がいなかった。田辺はうまくなかったけど、育てようと思った」という。

「守備についてはそれほどうまくない、そして棒(打撃)がいいかというとそうでもない。でもなんか独特な打撃を持っていた」と日野氏は話す。田辺選手についてはそうして2軍で鍛えられて、レギュラーメンバーとなっていった。石毛氏がコンバートをした、その時に他の有望で、良い年齢の選手がいなかった、このタイミングで、田辺氏はレギュラーになることができた。

そこにも役割が

しかしこの時、西武には藤野正剛という選手がいた。藤野選手は内野を守り、打撃ではイースタンリーグで首位打者を獲得するなど、既に活躍をしていた。しかし藤野選手が1軍に昇格するとなかなか活躍ができない選手だった。

日野氏は「こういう役割をする選手も必要だった。田辺にとって藤野は乗り越える人だった」と話し、ファームで藤野選手がいたからこそ、田辺選手は成長したのだという。

 

現在、プロ野球でレギュラーとして出場している選手は、このように実力、人の縁、タイミングなどが重なって出場をしている選手なのだ。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

変わる背番号

プロ野球では新入団選手の発表が行われ、また他球団からの移籍選手や新外国人選手の入団なども続々ときまっ

記事を読む

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑