*

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

公開日: : プロ野球

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方について、石毛宏典氏に聞いた。

石毛氏も納得

石毛氏はここまでの戦いぶりについて、すらすらと分析を述べていく。

「秋山1番、浅村3番、中村4番が固定、また田代、木村、源田といった戦力を使い続け、レギュラーを決めてシーズンに入った。ただし相性などを見て渡辺などを起用し結果を残している。投手では菊池が働いており、リリーフが7回・牧田、8回・シュリッター、9回・増田が機能している。他のリリーフで大石、武隈が使えそう。シーズンを見ると中継ぎで10~15勝は勝たなくては上に行けない。」

と分析した。出遅れている森、金子などが来ればまた変わるが、しっかりとレギュラーを固定していることで「控え選手を含めて、それぞれの役割がわかってくる」と話し、これを継続すれば安定した戦い方ができると話した。

そして辻監督の起用について、改めて「石毛さんにとって納得できる起用ですか?」と聞くと、「納得できる。」と話した。西武の黄金時代のレギュラーとして出場していた石毛氏と辻氏、考え方は一致している。

他球団について

パリーグの他球団について聞くと、「楽天は岸、則本やリリーフの投手が安定して今の位置にいる。ソフトバンクはWBC組の選手の調子が上がってこなかったものの今の位置にいる。しかし和田のケガがどのくらいになるか」と話した。

大谷選手などが離脱し最下位にいる北海道日本ハムについては「昨年は日本一になったが、まだ全体的に線が細い感じ。」と話し、チームとしてはまだ成長途上にあるという。

西武の黄金時代をめざし、埼玉西武が好スタートを切った。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

野球キャンプイン

球春到来!プロ野球キャンプの見方

いよいよ今日からプロ野球のキャンプがスタートする。各チームとも新戦力も加わり、監督が交代したチームな

記事を読む

野球選手のヒーローインタビュー

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけ

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑