*

右投げ左打ちの外野手

公開日: : 侍ジャパン

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手といえば左のスラッガーだが本来は右利き、いわゆる右投げ左打ちの選手だ。元横浜ベイスターズヘッドコーチの日野茂氏は、右投げ左打ちの選手について指摘をする。

正確に強いボールを投げる

日野氏は横浜ベイスターズ時代に鈴木尚典選手を見てきた。右投げ左打ちの外野手で、プロ野球を代表する屈指のスラッガーだった。しかし外野手としてはレフトを守り、肩の弱さを指摘され続けていた。

それは筒香選手にも言われる。外野の守備や肩に関しては、課題が挙げられる選手である。他にも右投げ左打ちでは松井秀喜選手、イチロー選手などがおり、また今回のWBCでもメジャーでプレーする青木選手も右投げ左打ちの外野手である。

野手はどのポジションにおいても、正確に強いボールを投げることが要求される。日野氏は「右投げ左打ちの選手は、送球するときに腰が入らない選手がいる」と話す。強肩を代表するイチロー選手などもいるが、送球に不安を抱える選手も少なくない。

 

今回のWBCメンバーでは

今回のWBCメンバーでは右投げ左打ちの選手は28人のうち6人のみ。野手では田中広輔選手、青木宣親選手、筒香嘉智選手、秋山翔吾選手の4人(投手では則本投手と千賀投手)。野手では15人中で右投げ右打ちが11人となっている。

この数字で結論というものは無いと思うが、右投げ左打ちにするという事は、リスクも覚悟しての大きな決断が必要なのだと思う。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む

また一つ、壁を乗り越えた侍ジャパン

 侍ジャパンの活動は、日本代表チームの役割もあるが、日本野球の統合という使命もある。各世代、各連盟や

記事を読む

次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だったように思えるが、様々な変化が侍

記事を読む

日本の野球は、東京五輪で繋がっていく

 先日、侍ジャパンの大学代表チームと、U18(高校生)代表チームの壮行試合が発表された。今年は大学生

記事を読む

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

侍ジャパンに期待すること!

昨日、侍ジャパンのトップチームの強化試合が行われました。プエルトリコに8-3で勝利、強化試合ではあり

記事を読む

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

侍ジャパン、各代表で世界一は1つのみ、課題と来年に向けて

 昨年、侍ジャパンとして統一された日本野球の各世代の代表、今年は8つの各世代などの代表が、すべて国際

記事を読む

日本野球はさらに上を目指せ!試合に勝つ魅力と一瞬のプレーの魅力

 侍ジャパンがメジャーリーグ選抜に挑む日米野球が開催されている。1戦目は侍ジャパンの前田健太投手など

記事を読む

保護された中での走塁

 侍ジャパンU18代表は、今年も優勝をすることができなかった。キューバ、韓国、オーストラリアなどには

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑