*

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

公開日: : 侍ジャパン

 

いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う。WBCについて、もし現役時代にこの大会があれば間違いなく出場していたであろう元西武の石毛宏典氏に聞いた。

スタメンは?

強化試合が何試合か行われ、小久保監督の考える布陣も見えてきたが、石毛氏にもスタメンを考えてもらった。

打順 守備 選手名
ライト 秋山翔吾
センター 青木宣親
ショート 坂本勇人
レフト 筒香嘉智
DH 内川聖一
ファースト 中田翔
セカンド 山田哲人
サード 松田宣浩
キャッチャー 嶋 基宏

嶋選手は故障のため入れ替わりになってしまったが、嶋選手の経験を買っていた。また1番2番は入れ替わりも考えてよいという。筒香選手の後には勝負強くヒットの打てる内川選手を置き、中田選手や山田選手は6,7番に置いているのが特徴といえるだろう。中田選手について石毛氏は確実性がそれほど高くない選手と話している。

また、横浜DeNAヘッドコーチの日野茂氏にもスタメンを考えてもらった。

打順 守備 選手名
センター 青木宣親
ショート 坂本勇人
DH 内川聖一
レフト 筒香嘉智
セカンド 山田哲人
ファースト 中田翔
サード 松田宣浩
キャッチャー 嶋 基宏
ライト 秋山翔吾

こちらも選手じたいは石毛氏と変わらなかったが、坂本選手を2番に、秋山選手を9番に持ってきた。打線のつながりを意識した形だという。

二人の予想をみてキーマンと考えているのは、内川選手と青木選手の両ベテランといえるだろう。若い山田選手や坂本選手よりも経験を買っている。逆に坂本選手や山田選手にはのびのびやってもらって爆発力に期待をしたいというところだろう。

キャッチャーが人材が不足しているところに、嶋捕手が外れたことはダメージといえるが、まさに全員野球、誰かが悪くても誰かが救うという形で戦っていく必要がある。

最後に石毛氏は何度も「勝ち上がってほしいなぁ~」と話した。やはり日本野球のこれからの発展のためにも、WBCでの侍ジャパンの活躍は不可欠だろう。

侍ジャパンの戦いに期待したい!

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

不安の多い侍ジャパン、2017WBCで勝ち抜くために

WBCの開催を翌年に控え、台湾との強化試合に臨む侍ジャパンのトップチームが招集された。しかしチームの

記事を読む

保護された中での走塁

 侍ジャパンU18代表は、今年も優勝をすることができなかった。キューバ、韓国、オーストラリアなどには

記事を読む

打てる遊撃手と捕手を我慢強く育てる事

 日本の野球の課題といえば、投手はメジャーリーグでもトップクラスに活躍する選手がおり、野手でもイチロ

記事を読む

次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だったように思えるが、様々な変化が侍

記事を読む

侍ジャパン、各代表で世界一は1つのみ、課題と来年に向けて

 昨年、侍ジャパンとして統一された日本野球の各世代の代表、今年は8つの各世代などの代表が、すべて国際

記事を読む

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

右投げ左打ちの外野手

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手とい

記事を読む

東京オリンピックまであと5年、野球の国際化も加速

 2015年を迎え、東京オリンピックまであと5年という事になった。東京オリンピックでの野球・ソフトボ

記事を読む

侍ジャパンに期待すること!

昨日、侍ジャパンのトップチームの強化試合が行われました。プエルトリコに8-3で勝利、強化試合ではあり

記事を読む

WBC決勝ラウンド、青木宣親選手は復調する

 決勝ラウンドに勝ち進んだ侍ジャパン、盛り上がるWBCについて石毛宏典氏は決勝ラウンドに向けて、青木

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑