*

野球も変わっていく

公開日: : 少年野球指導

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進んでいくのか。

技術と力

野球は技術のスポーツなのは間違いない。格闘技のように直接相手と戦うのでなく、ボールを投げてバットで打つ。その周りを走ってポイントを奪っていくスポーツだから。バットをうまく振って、ボールをしっかりと投げる事は技術である。

それでもやはり野球選手は身体能力が高く、運動神経の良さがあると良い。大谷翔平選手のように大きな体があり、しなやかな体の使い方ができる方が良い。速い球を投げるために、ボールを遠くに飛ばすために、速く走るために。それでも野球はいろいろな役割を分担していくスポーツで、単純にものすごいパワーを持っている人も活躍できる機会があれば、パワーはないけどうまくバットを振れる選手が活躍する場もある。もちろん両方を持っている必要はあるが。

体作りの部分はデータを使った分析がさらに進むとみられ、そういう選手は意外と多く出てくるかもしれない。しかし、問題はその体を使った動きができるようになるか、これは小さいころから自分の体を使い、体の動きを脳と一致させている事が必要で、その部分の進化はなかなかむずかしいかもしれない。

調整方法

練習について元2軍監督・日野茂氏が面白い話をしてくれた。キャンプで選手をみていると「いつまでたっても食べている選手がいた」という。昼におなか一杯食べた後、午後の練習に向かっていくがやはり動きは悪くなる。また昼にいっぱい食べられるので、朝食を食べない選手もいたという。

日野氏はそれを見て、基本的に昼は少なくするようにし、朝を多くとるようにしてもらった。そうすると選手の故障が、前年の1/3に減少したという。

チームや自分のトレーニングの方法が本当に理にかなっているのか、もう一度見てみると改善につながるかもしれない。

チームや指導者

そしてチームについて。かつては野球といえば監督が絶対で、言う事はほぼなんでもきかなければならなかった。そのチームの指導者がいう練習方法が正しいと信じ、それを行うしかなかった。

しかし今は、選手の横のつながりも強い。食事やトレーニング方法などは選手の方がよく知っている事もある。したがってチームの指導者は、青学大で箱根駅伝3連覇を達成した原監督のように、選手と対話し、目標を立てさせ、それに向かっては厳しい指導もするような形が、現代の指導法なのだろう。

そしてプロ野球でも、日本ハムの栗山監督が、選手としっかりコミュニケーションを取って、しっかりと選手を見て安心させ、ほとんど対等な目線で接する。育ってきた環境が変わってきているから。頭ごなしに指導をするような指導者は現在は合わないのかもしれない。

 

様々な変化があるものの、一つ言えるのは、確実に一歩先に進んでいる。選手個々の力を伸ばし、その選手の能力を発揮させていく、選手自身と指導者の工夫やアイディアで、野球は進化を続ける。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

希望を持って前に!

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

少年野球選手の肩と肘を守る

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.ht

記事を読む

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑