*

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

公開日: : プロ野球

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、中田翔選手、柳田悠岐選手といった一流選手たちのトレーニング方法が取り上げられた。プロ野球選手の体の鍛え方について、石毛宏典氏、日野茂氏に話を聞いた。

かつての考え方

現在のトレーニング方法については様々な意見や考え方がある。統計データを元に、科学的に分析し、プロ野球選手は体を作り上げていく。それぞれの判断があるためどれがいいというのは言いにくい。ただし体作りの考え方が昔から大きく変わっているのは事実で、今後もそれは変わり続ける。

石毛氏が現役の頃は、体を強くするトレーニングというのはプロ野球選手の中でも議論したりという事は無かったという。

しかし清原和博選手が死球に苦しんだ事から、「当てられてもはじき返すような体を作ろうと、格闘家のトレーニングを取り入れはじめた。まずは格闘の方からだったと思う」と話す。また工藤公康氏はプロ野球選手を引退した後に筑波大でトレーニングについて勉強をしていた。アスリート系の体作りというのは最近盛んになったもののようだ。

メジャーにイチローの風

清原選手はスラッガーとして認められていたものの、タイトルには無縁で球を遠くに飛ばすために筋肉を増強したが、一部の筋肉がスイングをするのに邪魔になり、思うようなスイングができなくなっていたという。丁度そのころ、メジャーリーグでもマクガイア、ボンズといった選手が体をどんどん大きくし、ホームランの記録を塗り替えていた。それがエスカレートし一部の選手は薬物を使って体づくりをし、その後、厳しい検査によりペナルティーを受けている。

そのホームラン全盛期にメジャーに渡ったのがイチロー選手で、パワー全開の野球の中で攻撃、守備にスピードという武器を示した。初動不可トレーニングを実践し、しなやかさやスピードという点でイチロー選手のプレーは表現される。そしてこれによってメジャーリーグでもスピードが見直された。

石毛氏のおすすめは

現在はいろいろな情報がインターネット上で共有され、ダルビッシュ投手や大谷投手のトレーニング法がいろいろな形で紹介され、大学生、高校生、中学生、そして小学生まで情報が伝わる。しかし石毛氏は「野球は技術のスポーツ」であることは変わらないという。

また、「自分の体の使い方を知っておくことが大切」だという。昔は草が生えたあぜ道などを全力で走ったりして、自然に体のバランスや使い方を覚えていた。中南米では野球グラウンドも草が生えていたり、土がボコボコで、その中でゴロを捕る事で体の使い方や反応などが鍛えられているという。

また日本の柔道協会は、選手に相撲やレスリングなど他のスポーツを経験させているという。それによって違った体の使い方を覚えたり、自分の体の使い方を見直したりすることができる。自分の体をきちんと使えるようになること、それをいかして技術を重ねる事、そしてしっかりと体を作っていく事。バランスよく伸ばしていくのが良い。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

読売ジャイアンツの2015年のチーム構成

 昨年、セリーグを制覇したものの、CSで敗れて日本シリーズに進出することができなかった、読売ジャイア

記事を読む

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑