*

プロ野球選手のポジションの変更は?

公開日: : プロ野球

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒木選手、元々は井端選手がショート、荒木選手がセカンドを守っていたが、当時の落合監督が井端選手をセカンドに、荒木選手をショートにコンバートした。他にも捕手や内野手から外野手にコンバートされたりと、様々な動きがある。

コンバートのポイント

石毛宏典氏は1987年にそれまで6年間守ったショートからサードに転向したが、この時は「膝の故障」があったから仕方なかったと話す。守備による足の負担は軽くなったのと、これにより長い年数プレーできたことはあると話す。

井端選手と荒木選手のコンバートについて落合氏はのちに、「二人が体を使わって打球を追わずに目で判断するようになっていた」と話し、長年ポジションを固定され、懸命さがなくなってきていたと判断したようだ。また井端選手の大学時代の指導者より「本質的にはセカンド」という言葉を聞いていたことや、「2,3年後には荒木をセカンドに戻すつもりだった」と、荒木選手を育てる意味合いも強かった。

コンバートを判断するポイントとしては、確かに守備の負担を軽くするという事もあるが、「やはり守備に難があるから」という理由が大きいと、プロ野球の2軍監督やヘッドコーチをしていた日野茂氏は話す。荒木選手のコンバートについても、スローイングに「イップスのようなかんじ」があったと石毛氏は分析している。

 

コンバートされた選手は?

石毛氏はサードのコンバートされ、確かに動く範囲も狭くなり足の負担や体力的にも軽くなったというが、サードは打球が強く、打球を見る事が難しかったと話す。日野氏も「サードは打球が見えない」と話している。それはそれで難しさや負担はあるようだ。

ただ、長年捕手を務めていた中尾孝義氏は外野手にコンバートをされたが、「ものすごくヒマだった」と話す。「下手をすれば1試合で打球が飛んでこない時もある。1球1球受けて投手の返球するキャッチャーとはえらく違った」という。

 

守備の課題があったり、体力の負担を軽くしたり、打撃に専念させたり、選手を伸ばす目的であったり、もちろんチーム戦力的に他の選手を起用するためという事もあるだろう。いろいろな事を考え、コンバートが決まる。それをチャンスとするかは、プレーする選手次第という事になる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

プロ野球選手とゴルフ

プロ野球選手のシーズンオフの楽しみといえば、かつては「ゴルフをするのが楽しみ」と話す選手が多かった。

記事を読む

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑