*

上の学年を目指して

公開日: : 少年野球指導

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差がある。中学生、高校生では、1年生の中には3年生よりも体が大きかったり、パワーも足も追い越している選手がいる。下級生の頃から上級生を越えていくことは、プロ野球選手になる上で必然の事になる。

上級生を越えて

プロ野球選手を指導した少年野球の監督の話を聞くと、良く言われるのは、「あの子は小学校4年生の時には6年生とキャッチボールをして、良い球を投げていた」というもので、既に上級生と肩を並べるところで練習をしていたというものです。

選手によっては体も上級生より大きかったりしていますが、体の大きさでなくても、上級生と一緒にプレーし、そん色のない動きを見せているそうです。

たしかに高校生では1年生からレギュラーを取ったりすると、注目をされるようになります。そして大学、社会人、プロの世界では、上級生とポジションを争う事は当然になります。中学や高校の時に、「3年生になったらレギュラーに」と思っていると、大学、社会人では逆に下級生にポジションを奪われ、試合に出られなくなります。

この春から、上のステージでプレーする選手も多くなるでしょう。そうなるとまた、下級生からスタートという事になります。最初はそのステージの野球のスピードについていけないかもしれません。しかし、1年目から上級生にチャレンジしていく気持ちは大切です。

上級生と戦う経験

もちろんチームの和も重要です。それに順応しないとチームで信頼される選手にはなれません。上級生と戦っていくのは、大変な事になるかもしれません。

しかし早い段階からその経験していくことで、将来プロ野球でも30歳、40歳のベテランに交じっても堂々とプレーできるようになるのでしょう。そういった意味では、プロ野球選手は、上級生と一緒にプレーする事にも、下級生がポジションを狙ってくるのにも慣れているという事になります。

上級生に交じってプレーし、そして認められる選手になること。チャレンジしてみてください。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

東北楽天シニアチームが発足、プロも選手も第一歩踏み出す!

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、リトルシニアチーム「東北楽天リトルシニア」を発足させた。第1期生と

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

野球塾の練習内容とは?

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手の指導を受けるために、月曜日から金曜日まで

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑