*

目標を立てる

公開日: : 少年野球指導

2017年がスタートしました。野球選手の皆さんも、「大会で優勝すると」、「来年の進路を決める事」、チームで、個人で、今年1年の目標を立てていることでしょう。もう一つ、決めてほしい事があります。

1年間通す事

例えば「大会の優勝」という目標は、非常に分かりやすく感じます。その大会で優勝をすれば目標達成です。その目標に向かって取り組みをすれば、例え優勝ができなくても得られるものは多いです。

でも大切なのはその目標に向かってでは何をするのかです。

その大会で優勝するには何をすればよいでしょう?

例えば自分のチームが大会で優勝するためには、今の4番では頼りないとします。そうすると、自分が4番を打ってチームを引っ張る事を目標とします。

では自分が4番を打つにはどうすればよいでしょう?

まずは試合に出る。そのためには守備でミスをしない。練習試合でホームランを打つなど。

ではそれをするにはどうすればよいでしょう?

たくさん食べて体重を増やす、筋力トレーニングをする、素振りを続けていく。だいぶ自分にとって身近なものになってきました。しかしここで、これまでの目標とは違った形になっています。

「継続する事」が目標になっていて、ゴールの無い目標になっています。

野球以外でも、例えばお店の売り上げを上げるには、仕事で成功を収めるには、もちろん宝くじのように、商品を開発して、出してみたらヒットしたという事もありますが、そういう事は稀です。その前には、沢山の売れない商品を作った努力をしています。

目標は結局、続ける事に行きつきます。

続ける事、1年間続けられる目標を立ててみてください。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾の練習内容とは?

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手の指導を受けるために、月曜日から金曜日まで

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

野球教室トレーニング

野球はフットワーク!

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、小学校低学年から中学生、そして大人まで、元のプロの選手が

記事を読む

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑