*

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

公開日: : プロ野球

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西武ライオンズ黄金時代のリーダー・石毛宏典氏、ヘッドコーチや2軍監督、またスカウトとして選手を育て、発掘してきた日野茂氏、現役時代に捕手のスタイルを変え、引退後はコーチやスカウトで選手を始動してきた中尾義孝氏にズバリ聞いてみた。

天才はいない

日米通算で最多安打を記録したイチロー選手、または165キロを投げ、長打力でもプロ野球選手たちを驚かせる大谷翔平選手など、天才と呼ばれる事がある。

「天才はいますか?」の質問に、石毛氏も日野氏はすぐさま「天才はいない」と答えた。「99%以上の努力」と日野氏は付け加えた。また、日野氏は「天才、という言葉は、力を発揮できずに去っていった人に使われる事が多い」と話した。話しの中では上宮高校で注目され、巨人でプレーしたものの主力として活躍した期間が短かった元木大介氏などの名前が挙がっていた。

石毛氏は「すぐになんでもできてしまう選手がそうなのかもしれないが、そういう選手が一流になったというのはあまり聞かない」と話す。

野球センス

ただし野球のセンスだったり、能力のある選手というのはいる。と3人は話した。身体が大きい事、けがをしない事、身体能力が高い事などが挙げられたが、「身のこなしがスマートな選手はセンスがあると感じる」と石毛氏は話す。「清原は力もあったし守備も上手かった。それ以上に能力があったのが秋山だった」と話し、また「小久保選手や松中選手は、身のこなしというよりは練習で鍛え上げてきた選手だったが、年を取っても練習を続けないと不安になるため練習を続け、故障が多くなっていった」と話した。

中尾氏は「例えば1歳、2歳、3歳の子が2人います。1人の子はテレビで野球を見ていました。もう一人の子は野球を見ていませんでした。そして二人におもちゃのボールを投げさせてみると、野球を見ていなかった子はしたからボールを放りました。野球を見ていた子は上からボールを放りました。このように目で見た情報を自分の体でできる子が、能力がある。センスがあるのではないかと思います」と話した。

石毛氏は「能力のあるスポーツ選手というのは、目で見た情報を脳に入れ、体の細胞に記憶をさせていくことができる選手の事」とまとめた。頭と体の神経が伴う事、頭のイメージ通りに体を動かす事がスポーツ選手の能力と言えそうです。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

野球キャンプイン

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称され

記事を読む

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑