*

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

公開日: : プロ野球

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックスの主軸またはリードオフマンだった糸井嘉男選手が阪神に移籍、巨人は投手を二人獲得し、さらに北海道日本ハムの陽岱鋼選手の移籍も可能性が高いようだ。1994年にFAで西武から福岡ダイエーに移籍した石毛氏に聞いた。

FA移籍

まず選手がなぜ移籍をするかについていくつか石毛氏に質問をしてみた。

◎他球団からはどのように声がかかるのか

石毛氏:NPBによって公示されると、すぐに球団の担当から直接電話がくる。自分の場合には福岡ダイエーで監督を辞任しフロントに入った根本陸夫氏から連絡が来た。

◎なぜFAをするのか、そのきっかけは?

石毛氏の場合には西武ライオンズより、現役を引退して監督への就任要請があったが、現役としてプレーを希望しての移籍だった。ただし、他の選手のことを考えてみると、「選手は自分の評価というものを常に聞きたい気持ちがある」とのことだった。選手の評価というものは、選手自身では「例えば毎試合後に自分の査定をつけている選手なんていない。球団側はつけているので、その評価しかわからない」。従って、プロ野球全体では自分はどのような評価をされているのかを聞いてみたいという。

◎自分の評価をどのようにしていくのか

石毛氏:「他の選手の契約更改を見て、自分と比べる事になる」。例えば他球団のあの選手と自分の契約金を比較して、かなり差があれば評価がおかしいのではと思うようになる。正当な評価をしてもらうためにFA移籍を考える事になる。

◎移籍前の球団について

石毛氏:「球団には当然、恩を感じている」。今年のFA移籍でも、移籍する選手が涙を流す場面が見られたが、球団、指導者、チームメイト、ファンの姿が思い浮かぶし、これは当然とのことだった。

 

FA移籍の状況は?

1993年からスタートしたFA移籍の制度、2015年までの移籍については以下の表のようになっている。面白いのは石毛氏も含め西武からの移籍の数が非常に多い事だった。また獲得人数は巨人が圧倒的に多い。

今年も巨人への選手の移籍が目立つが、これについて石毛氏に行くと、「巨人は読売グループのスポーツ報知や日本テレビなどの企業があり、辞めた後の待遇が良い」とのことだった。西武が移籍が多い事については、意外という反応だった。理由は分からないという。

北海道日本ハムは、全体の年俸の枠などを考えており、若い選手を育て、高年俸になった選手が移籍をするような流れがある。ダルビッシュ有投手などがその例となり、来年には大谷翔平選手のメジャーリーグへの容認するのではないかと見られている。

球界の活性化策と、選手の権利を守るという意義があるFA制度、今後、どんな移籍があるのだろう。現在は年に5人前後しか移籍する選手がいないが、メジャーリーグのようにさらに活発になっていくのかなど、注目をしてゆきたい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

吉田正尚選手、高山俊選手、ドラフト1位候補を石毛宏典、日野茂が斬る

前回に引き続き、今年のドラフト会議で1位指名に名前の挙がる選手を、石毛宏典氏、日野茂氏に斬ってもらい

記事を読む

プロ野球選手の引き際

プロ野球選手の引き際は、長年プレーしてきたベテランであっても、自分の意思で決められる選手は少ない。石

記事を読む

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山選手などを中心に、かつての黄金

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑