*

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

公開日: : プロ野球

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

パリーグの成績

パリーグは最大11.5ゲーム差を逆転し、北海道日本ハムが優勝を収めた。前半飛ばしたソフトバンクは主力の故障などもあり後半に失速した。3位にはロッテが入ったがゲーム差は2位から大きく引き離されており、CSでも2強の強さが目立った。埼玉西武、東北楽天、オリックスはBクラスとなった。

パリーグの主な打撃成績と投手成績をまとめた。

 

石毛氏はまず北海道日本ハムの逆転優勝について、首脳陣の選手起用と栗山監督の采配を挙げた。まず日本ハムは、リリーフで結果を出せていなかった増井を一度2軍に下げ、先発として投げさせて真っすぐとフォークが安定して投げれるようにしてから上に挙げると、8試合に先発して5勝を挙げた。

他にも大谷翔平選手を1番投手で起用したり、様々な采配を行い選手をやる気にさせた。栗山監督はヒーローインタビューもきちんとベンチで見ている。西川や中田など、若くてやんちゃ選手に「しっかりと見ているぞ」という姿勢を見せ、「その代わり自分の指示には従ってもらうぞ」と強い姿勢も見せた。若い選手を使うのに「良い姿勢なのかもしれない」と石毛氏は話した。

逆に8月には優勝間違いなしとも言われた福岡ソフトバンクは終盤に優勝を奪われた。柳田選手やバンデンバーグ投手など主力に故障が出た事など原因が挙げられるが、石毛氏は「主力に故障が出ても戦力的に他の球団を上回ると評価しており、故障は理由にならない」と話す。「油断のようなものがあったのかもしれない」と指摘した。

力を発揮できなかった西武

また石毛氏は西武ライオンズについても優勝できる戦力があると話していた。しかし結果は4位だった。投打の成績を見ると、打撃部門では安打数や本塁打数がトップで打率もリーグ2位となっている。しかし投手の成績としは大体4位のものだった。菊池雄星投手がシーズンを通して投げることは今年もできず、ドラフト1位の多和田も終盤は勝ち星を残したがはじめのうちは結果を残せなかった。

ただし石毛氏は投手ばかりではないと指摘し、「守備で失点につながるプレーがあったり、ミスが多かった。」と話す。田辺監督の采配については「野手に遠慮しているようにみえた」と話す。「中村なんかはフルに使い続けないといけない」とシーズン途中に休憩を取らせながら起用をしている点を指摘した。

北海道日本ハムと千葉ロッテが監督も含めて頑張りを見せ、ソフトバンクと西武が力を発揮できなかった、と分析した。またオリックスについても「最下位になる戦力じゃない」と話す。

来年について

まずは日本ハムの連覇について聞くと、「福岡ソフトバンクは力のある選手がそろう状態は変わらない。日本ハムは今年頑張ったが戦力的にはソフトバンクの方が上」と石毛氏は話す。

西武については「ドラフト1位の今井君に頼ることはできないから、菊池やシーズン後半に頑張りを見せた多和田など投手陣の踏ん張りが必要」と話したが秋山選手を軸に「捕手として終盤頑張っていた」と話す森友哉選手の使い方がカギになるとした。また監督に就任した辻監督については「技術を教えられる監督なので期待できる」という。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

大谷翔平選手の活躍とマーケティング戦略

 6月19日、北海道日本ハムの大谷翔平選手が8回を投げて1安打11奪三振で無失点に抑えた。甲子園で見

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

ドラフト注目選手を、石毛宏典氏、日野茂氏が斬る 第1回「オコエ瑠偉選手・関東第一」

 プロ野球ドラフト会議が10月22日に迫ってきた。様々なメディアで注目選手が取り上げられているが、元

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑