*

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

公開日: : プロ野球

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称されるキャンプで汗を流している。

秋季キャンプはなぜ地獄か

「秋季キャンプは春のキャンプとは目的が違う」と、元西武ライオンズでコーチを務めた日野茂氏は話す。秋は「来年に向けて特に期待している選手を選抜し集中的に練習をさせる」という事で、シーズンで戦ってきたこともあり、春に比べて体が動く、そしてなにより、「故障をしてもいい」という覚悟でコーチも選手も望む。

対して春は、故障はペナントレースへの影響を及ぼすし、ペナントレースに向けて調整をしていく。または誰が使えるかを見定めていくものであり、秋ほどのハードな練習とはならない。

取りやめ論について

数年前に、メジャーリーグを倣い、秋季キャンプを止めるという動きがあった。シーズンを戦ったレギュラー選手は体を休めたり、家族との時間を過ごす時期という事のようだ。ただしアメリカでもウインターリーグは秋から冬を通して行われており、上を目指す選手はやはり野球の練習を続けている。

これについて元西武ライオンズの石毛氏は「台湾や南米などでウインターリーグが盛んで、筒香も練習を続けたことで今年これだけの成績を残した。日本でも沖縄などでもっと開催すればいいのに」と話した。やはり若手やレギュラーでない選手が上を目指すには練習を継続していく事は大切である。

最後に石毛氏に秋季キャンプのことを聞くと、「俺はほとんど参加してないもん」と話した。16年の現役生活で11度の日本シリーズ出場、8度の日本一で秋は優勝旅行の回数の方が秋季キャンプに参加した回数より多い。やはりすごい。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

プロ野球選手のポジションの変更は?

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑