*

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

公開日: : プロ野球

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称されるキャンプで汗を流している。

秋季キャンプはなぜ地獄か

「秋季キャンプは春のキャンプとは目的が違う」と、元西武ライオンズでコーチを務めた日野茂氏は話す。秋は「来年に向けて特に期待している選手を選抜し集中的に練習をさせる」という事で、シーズンで戦ってきたこともあり、春に比べて体が動く、そしてなにより、「故障をしてもいい」という覚悟でコーチも選手も望む。

対して春は、故障はペナントレースへの影響を及ぼすし、ペナントレースに向けて調整をしていく。または誰が使えるかを見定めていくものであり、秋ほどのハードな練習とはならない。

取りやめ論について

数年前に、メジャーリーグを倣い、秋季キャンプを止めるという動きがあった。シーズンを戦ったレギュラー選手は体を休めたり、家族との時間を過ごす時期という事のようだ。ただしアメリカでもウインターリーグは秋から冬を通して行われており、上を目指す選手はやはり野球の練習を続けている。

これについて元西武ライオンズの石毛氏は「台湾や南米などでウインターリーグが盛んで、筒香も練習を続けたことで今年これだけの成績を残した。日本でも沖縄などでもっと開催すればいいのに」と話した。やはり若手やレギュラーでない選手が上を目指すには練習を継続していく事は大切である。

最後に石毛氏に秋季キャンプのことを聞くと、「俺はほとんど参加してないもん」と話した。16年の現役生活で11度の日本シリーズ出場、8度の日本一で秋は優勝旅行の回数の方が秋季キャンプに参加した回数より多い。やはりすごい。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

2015年のドラフト会議はどうなるのか?

 2015年プロ野球ドラフト会議が10月22日に開催されることが決定した。昨年は早稲田大の有原航平投

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

新監督は活躍できるか

来年は巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、横浜DeNAのラミレス監督が指揮を執る。共に監督就任は

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑