*

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

公開日: : プロ野球

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。その石毛氏に2016年日本シリーズの1,2戦の戦い方を分析してもらった。

よそ行きの野球をしている日本ハム

多くの解説者や野球ファンも、今年の日本シリーズのキーマンと見ていたのは、日本ハムの大谷翔平選手だっただろう。石毛氏も大谷選手に注目してみていたという。

「パリーグの優勝を決めた西武戦での1安打15奪三振の完封劇から、福岡ソフトバンクとのCSでのリリーフで165キロを記録してきた。その勢いのままに日本シリーズに入れるかに注目をしていた。しかしカープとの初戦、ちょうど今年のシーズン当初に、いいところに投げよう、探りながら入ろうというようなピッチングをしていたが、それと同じような感じだった」と話す。

大谷投手は今年のシーズンは開幕試合で敗戦投手になると4月まで勝ち星を挙げられない状態が続いていた。石毛氏は当時の大谷投手のピッチングについて、同じように探りながら、良いピッチングをしようというのが見えたと指摘している。その時に「大谷は甲子園に出られていない。なんとなく浅田真央のような(すごい力を持っているのに大舞台で力を出せない)印象を受ける」と話していた。

対するカープは「大谷対策としてマシンで160キロくらいのスピードで練習をしてきたと思う。そこで大谷のきれいなフォームで150キロの球を投げれば打ちやすい」という。「人が投げるよりマシンの方が球が速く感じられる」という。松山、エルドレッドが大谷の速球をたやすくスタンドまで運んだ。

 

プレーに出た勢い

また2つのプレーについて指摘をした。まずは1戦目、広島が先制点を奪ったシーン、1アウト1,3塁の場面でファーストランナーの安倍がセカンドに走り、キャッチャーがセカンドの送球する間にサードの鈴木がホームインしたシーンだ。

「このプレーは日本ハムショートの中島の捕球の仕方を見ても、大谷がカットをしなかったミスなのは間違いない。サインは見落としてはいないと思うが、テレビ中継の解説が言っていたように三振がとれて『よしっ』ってなってしまったのかもしれない。」と話した。これについて、元西武ライオンズコーチの日野茂氏は「ピッチャーが一流じゃない投手ならわかるが、大谷だから許せないプレー」と指摘をした。

そしてもう一つは2戦目の6回裏の広島の攻撃、ノーアウトから田中が2ベースヒットでセカンドに進む。送りバントのチャンスだった。バッター菊池が2ボールの後1球ストライクを見送りカウント2-1からの4球目だ。

「日本ハムはバントをさせて3塁で刺そうとするサインプレー。中島がセカンドベースに入りランナーのスタートを遅らせようとし、菊池にはバントをさせる球を増井が投げた。ただこのボールが気のないボールだった。菊池はショートの動きを見てバスターに切り替える判断をしたが、気持ちの入ったボールだったら、インコース高めのあの球は詰まるはず。投げる球に緩みがあった」と指摘した。

日本ハムはこのプレーで失点した後、丸選手のバントを増井投手が一塁に悪送球、この回に4点を失い2敗に追い詰められた。

またカープ側のプレーについても石毛氏は指摘をする。「ベンチの指示は菊池は送りバント、丸は打てだったと思う。しかし菊池はバスターに切り替え、丸はバントをした個人プレーだった。良い面に出たから良かった」と話す。「ただ緒方監督の試合後のインタビューを聞くと、個人の判断を尊重する姿勢をシーズン中からしていたと考えられる」とし、こういう戦い方がカープのプレーなのだろうと話した。石毛氏は「俺だったら送りバントを選択する。サード側に転がせば簡単にできる場面だから」と話した。

 

ベンチの雰囲気

そして日本ハムのチーム自体について、「気持ちの入っていないような、よそ行きのプレーをしている」と指摘した。「1戦目で負けているのに2戦目もベンチの中でニヤニヤ笑っていた。自分たちには考えられない。日本シリーズは常に緊張していた」。大谷のプレーも、増井の力のない一球も、そのほか、大野の捕球などプレー一つ一つに緩みがある、と話した。

日本シリーズは北海道に移動し3戦目を迎える。日本ハムが勢いを取り戻すことができるのか、石毛氏は「できることをすべてやる。カバーリング、全力疾走、一球入魂、出来ることをすべて」と話した。

ちなみに西武時代の日本シリーズ11度の出場で、開幕から2連敗したシリーズは3回ある。そのうち1985年の阪神、1993年にヤクルトには日本一を奪われている。そして1986年、相手は広島だったが、1戦目に引き分けのあと3連敗をしたが、そこから4連勝をし逆転で日本一になったシーズンがある。このシーズンについて「本当に開き直りだった。西武球場に戻って2連敗し後がない状態で、恥ずかしいから1勝でもしてやろうという気持ちで東尾、工藤で1勝した。そうして広島に移動したら、次も勝ってやろうとなっていった。遠征先ではみんな開き直って、ホテルの中をスラパンでみんな歩き回っていた」という。

その雰囲気を作り出したのは、チームのキャプテンだった石毛氏だったと日野氏は話す。「この人は硬軟使い分けることができるキャプテンだった」と話す。今年の日本ハムを見るとどうだろう。この前までは稲葉がチームをまとめる事が出来た選手だったが、今年のチームはキャッチャーの大野が主将である。またリーダー的な立場になると中田翔が挙げられる。この二人がチームをまとめられるかがポイントだと話す。

 

シリーズ前の戦いも

また石毛氏はもう一つポイントを挙げていた。「カープは4番、5番に松山、新井、エルドレッドを、相手によって変えてくる。そうした意味で日本シリーズを予告先発にしたことが緒方の戦略」と話した。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が

記事を読む

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑