*

バスターは難しい

公開日: : 高校野球

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構えからのヒッティングを見せた。これについて石毛宏典氏が指摘する。

バスターは難しい打法

「決勝でバスターを多用したのは残念だった」と石毛宏典氏は話した。「引いて打つ技術は難しい」とバスターというのは難しい打法だと指摘した。そして、「引いた反動でうちに行ってしまうため、あのボールを捉えづらくなる」と指摘した。

バスターは、球の速い投手に対してタイミングを取りやすくするため、などと用いられる事も多いが、バットを引いてしっかりと自分のバッティングフォームで止めて、再びうちに行くことができなければ、バッティングフォームは崩れてしまう。それができるようになるには高い技術が必要だという事だ。北海高校がそれを身に着けるために、バスターの練習を積み重ねてきていたのかもしれないが。

これまで対戦したことが無いような速球派投手と対戦するにしても、いつもやらないことをやるよりは、何万回も何十万回も素振りをして身に着けた自分のバッティングでやったほうが良いだろう。

優勝予想が難しかった

筆者も毎年、甲子園に出場チームを見て優勝を予想するが、ほとんど当たったためしがない。今年も作新学院が、今井投手がこれほど試合を作れる投手とは考えなかったし、北海高校がこれだけの力を発揮する事も予想できなかった。

でもこれは希望でもある。チームに注目選手がいて、その前評判通りでチームの優勝が決まってしまうのならばおもしろくない。思い返せば早稲田実の斎藤佑樹投手のように、甲子園で急激に成長するような選手がいたり、甲子園でチーム全体がどんどん成長しまとまっていくようなチームがある。

今現在で実力の差を感じたって、あきらめることは無い。練習を続けていけば、あるタイミングで急に結果が出てくる事だってある。希望が持てる。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの

記事を読む

高校野球の監督の情熱

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、

記事を読む

浦和学院は3日目第3試合!!

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZER

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

東海大相模・小笠原慎之介投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今日は今年の高校生の左腕投手でNO1の声もあがる東海大相模・小笠原慎之介投手を、元西武スカウトの日

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

アマチュア野球の注目スラッガー選手を元西武、阪神スカウトが評価する

これぞプロという迫力ある打球を打つ選手は、いつの時代もファンの心をつかむ。プロ野球でも筒香嘉智選手、

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

no image

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてき

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑