*

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

公開日: : 高校野球

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投手など、好投手に恵まれた大会となったが、この大会で気になった投手を元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に聞いた。

気になったのは一人?

石毛氏は真っ先に「作新学院の今井は良かったねぇ」と名前を挙げた。また日野氏は「今大会で気になったのは、一人だったなぁ」と話し、今井投手の名前を挙げた。

石毛氏は「線が細いが『ナベ』みたいに腕がしっかり振れる。」と元西武のエース・渡辺久信の名前を挙げた。そして、「クイックもできる」と、152キロを記録した球速だけでなく、投手の総合的な力が高いと評価した。今大会はBIG3と呼ばれた、履正社・寺島成輝投手、横浜・藤平尚真投手、花咲徳栄・高橋昂也投手もいるが、「間違いなくNO.1」と話した。

大会前までは最速149キロを投げるとはいえ、栃木大会でも驚くようなピッチングをしておらず、また春季大会では登板をしていなかった今井投手が、今年の夏のNO.1投手に輝いた。

相対的にBIG3の3人について、日野氏は先ほどのようにそれほど注目することは無かったという。石毛氏も寺島投手と藤平投手については、「二人とも下半身が太く、もっさりした印象」と話す。しかし二人の映像を見直すと、時折「おっ」と唸る球を投げており、「まあ、逸材なのは間違いないね」と話した。もう一人の高橋昂也投手については日野氏は「体が使えていない。手が前に出るようになれば」と話すと、石毛氏も「体を倒してもいいんじゃないかな」と立ち投げにも見えるフォームについて話した。

その他に気になった投手

石毛氏がもう一人名前を挙げたのが、松山星稜のアドゥワ誠投手だった。こちらも「腕の振りが良く『ナベQ』に似ている」と話す。日野氏は「上から投げよう投げようとしている。腕を下げてビュッと体を使えるようになれば」と話した。しかし「こういう投手は0か100」と話した。196cmと長身だが体の線も細く、フォームも変えていかなければならない。「良くなればダルビッシュになれるが、その過程でフォームを崩してしまうかもしれない」と話した。

またもう一人、広島新庄の堀瑞輝投手についても日野氏は「面白い投手だね」と話す。「もう少し前まで持っていければコントロールももっと良くなる。そのために体の回転を良くして前まで持っていくようにするか」と分析した。

154キロを出した創志学園の高田萌生投手についても聞いてみると、日野氏は「春の方がもっといい球を投げていたんじゃない?」と話すと、石毛氏は「松阪に似ているが、膝が折れすぎる所など悪いところも似てしまっている」という。良い球もあるだけに可能性は十分あるが、課題を指摘した。

最後に北海高校のエース・大西健斗投手について聞くと、日野氏は「まだアマチュアクラスだね。大学でもう2段レベルアップしてほしい」と話した。将来のプロ入りについて聞くと、「体も大きいし十分可能性がある」と話した。石毛氏も投球内容について触れ「非常に落ち着いて、考えて投げていた」と評価した。

この他にも石毛氏は、作新学院で春までエースだった入江投手について、「少ししか投げなかったけど、なかなか良い球を投げていた」と話し、鳴門の河野投手も「好投手だった」と話した。今井投手が頭一つ抜けた形となったが、これからその今井投手を目標に大学や社会人で成長する選手もいるだろう。やはり楽しみな投手が多い大会だった。

 

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

大谷・藤浪世代で次に出てきそうな選手と、その次の世代

 プロ野球では6月11日に北海道日本ハムvs巨人戦では北海道日本ハムの大谷翔平投手、阪神vs千葉ロッ

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

高校野球、エラーで負けてしまった選手たちへのメッセージ

 夏の高校野球大会、甲子園では49校による48試合が行われ、そのうちサヨナラで試合が終わったのは5試

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む

野球キャンプイン

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑