*

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

公開日: : プロ野球

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、びっくりするほど大きな体でもないのだが、昨年は38本、今年もすでに29本のホームランを放ち、打率.329、盗塁34でトリプルスリーを達成した。そして今年は、現在、打率、打点、本塁打、盗塁の他、安打数、出塁率でもリーグトップを走り、3冠王の可能性が高まっている。この山田選手は何がすごいのだろうか?元西武ライオンズの石毛宏典氏、日野茂氏に話を聞いた。

センスの塊

山田選手について、二人が共通して話したのは、「センスの塊」という事だった。昨年の日本シリーズで1試合3本塁打を放った試合があったが、その打撃を見ても1本目は甘い変化球をバットに載せて、バックスクリーン左横に運び、2本目は外角のストレートを同じようなところに運んだ。そして3本目はソフトバンク・千賀投手の沈む球やインコースに抜けてくる球がある中で、インコースのやや厳し球を体の回転で運び、レフトスタンドに運んだ。

石毛氏はこの打撃について、「ヘッドの使い方が非常に良い。芯の位置をしっかり確認し分かっている。ヘッドスピードが速いが軸がぶれたりしない」と話した。日野氏は右手の使い方について「あたってからすぐに返していない。もうひと押ししている」とポイントを話した。

打撃については申し分なく、「センスも塊」だった。

 

足を上げるタイミングの取り方

1つ質問をした。DeNAの筒香選手が、昨年までは足を上げていたが今年からは足を上げないフォームに変えた。シーズンオフにドミニカのウインターリーグに参加したが、足を上げていたのでは相手の動く球や速球にタイミングを合わせづらく、足を上げないフォームに変えたという。

山田選手は大きく足を挙げる打撃フォームだが、これについて聞いてみると「体が無い選手は足を上げ、重心移動によって反動をつけて飛距離を伸ばそうとする。この時に肘の使い方と膝の使い方がおかしくなければ良い」と話した。そして、「タイミングの取り方は各自のものがある。何が良くて何が悪いという事はない。キッチリとバットに当てることができれば良い」と話した。

今年も結果を残し続ける山田選手、野球の歴史の中で輝くバッターの一人であることは間違いない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

新監督は活躍できるか

来年は巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、横浜DeNAのラミレス監督が指揮を執る。共に監督就任は

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

横浜DeNAが2011年に獲得した高校生選手を自由契約に

 横浜DeNAは2011年に高校生8人を指名したものの、ドラフト1位の北方悠誠投手や帝京の伊藤拓郎投

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑