*

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

公開日: : プロ野球

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオールスターに出場している。そのオールスターが今年も開催される。

1981年

石毛氏がルーキーイヤーで出場したのは、1981年。この時のメンバーは以下の通り。

前年の1980年の王貞治、野村克也が引退し、この年のオールスターには石毛の他、原辰徳、落合博満が初出場をしている。プロ野球の時代が変わる年だったといえる。

 

1984年

1984年は江川卓の年だった。江川はこの年のオールスター第3戦に、2番手として4回から登板している。打順は阪急の盗塁王・福本豊から始まり、蓑田浩二、ブーマーを三者三振、続く5回は栗橋茂のあと、落合博満、石毛宏典からも三振を奪う。6回も伊東勤、クルーズから三振を奪い8者連続奪三振を記録、オールスターで9者連続奪三振大記録達成まであとひとりと迫ったが、9番目の打者・大石大二郎にセカンドゴロを打たれ大記録とはならなかった。

その時のオールスターのメンバーはこちら。

 

1987年

1987年、横浜スタジアムで行われた第2戦で、石毛は第1戦に続くホームランを放った。この2ランホームランで初のオールスターMVPを獲得した。

 

1994年

石毛はこの年のオフにFAで福岡ダイエーへ移籍し、オールスターの出場はこの年が最後となる。この年には、イチロー、松井秀喜、伊良部秀輝などがオールスターに初出場し、プロ野球の時代が変わる年となった。

 

2016年オールスター

今年のオールスターメンバーはこちら。今年は19人が初出場となる。この中でこれからオールスターに出続けるスター選手にが登場することを期待したい。

関連記事

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

野球選手のヒーローインタビュー

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけ

記事を読む

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武

記事を読む

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

石毛宏典氏、日野茂氏が見る今年のドラフト候補

ドラフト会議が今月22日に迫ってきた。今年のドラフト候補について、元オリックス監督の石毛宏典氏、元西

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑