*

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

公開日: : プロ野球

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオールスターに出場している。そのオールスターが今年も開催される。

1981年

石毛氏がルーキーイヤーで出場したのは、1981年。この時のメンバーは以下の通り。

前年の1980年の王貞治、野村克也が引退し、この年のオールスターには石毛の他、原辰徳、落合博満が初出場をしている。プロ野球の時代が変わる年だったといえる。

 

1984年

1984年は江川卓の年だった。江川はこの年のオールスター第3戦に、2番手として4回から登板している。打順は阪急の盗塁王・福本豊から始まり、蓑田浩二、ブーマーを三者三振、続く5回は栗橋茂のあと、落合博満、石毛宏典からも三振を奪う。6回も伊東勤、クルーズから三振を奪い8者連続奪三振を記録、オールスターで9者連続奪三振大記録達成まであとひとりと迫ったが、9番目の打者・大石大二郎にセカンドゴロを打たれ大記録とはならなかった。

その時のオールスターのメンバーはこちら。

 

1987年

1987年、横浜スタジアムで行われた第2戦で、石毛は第1戦に続くホームランを放った。この2ランホームランで初のオールスターMVPを獲得した。

 

1994年

石毛はこの年のオフにFAで福岡ダイエーへ移籍し、オールスターの出場はこの年が最後となる。この年には、イチロー、松井秀喜、伊良部秀輝などがオールスターに初出場し、プロ野球の時代が変わる年となった。

 

2016年オールスター

今年のオールスターメンバーはこちら。今年は19人が初出場となる。この中でこれからオールスターに出続けるスター選手にが登場することを期待したい。

関連記事

東京オリンピック、野球の実施の課題~その1~

 2020年の東京オリンピックで野球、ソフトボールの実施の可能性が徐々に高まってきた。オリンピックに

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

野球キャンプイン

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称され

記事を読む

プロ野球選手の引き際

プロ野球選手の引き際は、長年プレーしてきたベテランであっても、自分の意思で決められる選手は少ない。石

記事を読む

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

【ドラフト会議特集10】ドラフト会議、各球団の抽選の勝率は?

 今年のドラフト会議でも1位指名で1人の選手に複数の球団が指名する可能性が高いとみられています。そこ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑