*

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

公開日: : スカウト活動

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時は130キロ前半しか出せず、「大学では球拾いだな」と思っていたという。

150キロ投手が全国大会で好投

尾仲投手は大学野球選手権の初戦・九州国際大戦に先発すると、最速149キロの速球を武器に8回まで4安打に抑えて無失点、14個の三振を奪う素晴らしいピッチングを見せた。試合は後続の投手が延長10回のタイブレークで2点を奪われ初戦敗退となったが、尾仲投手は見事な全国大会での投球だった。

この尾仲投手、高校は福岡県の高稜高校出身で、2年生までは野手、3年生に投手に転向したものの、3年間とも夏の大会は初戦敗退だったという。しかしながら野球のレベルの高いところでプレーしたいと広島経済大のセレクションを受けたが、参加者の身体の大きさや力強さに「大学では球拾いだな」と感じたという。

しかし、動画で他の投手のフォームを研究し、バランス良く体を鍛え上げると、3年生の秋には150キロを継続した。そしてこの春はエースとしてリーグ戦で優勝を果たすと、夢の全国大会に出場し好投を見せた。この試合でプロのスカウトも注目をしている。

選手の可能性

野球の強い高校ではなかった。体も決して大きくはなかった。大学1年生でも球速は130キロ前半しか出なかった。それでもあきらめなかった。自分の可能性を信じた。そしてそれが、プロからも注目される尾仲投手につながっている。

 

Youtube 尾仲祐哉投手(広島経済大) 20160409@修道大 より

 

大会前に元西武スカウトの日野茂氏と、元西武の上田浩明氏に尾仲投手の映像を見てもらっていた。このほかにもドラフト注目投手を見ていたのだが、尾仲投手を「小気味良い投球をする。バランスの良いフォームで崩れない。体が小さくても終盤まで投げられる力がある」と評価し、「良い投手を見させてもらった」と話していた。

 

選手の可能性は、計り知れない。体格が違っていても途中であきらめるための理由にはならない。そして何より自分を信じ、自分で考え成長する事が何より大切であると、尾仲投手の好投が語っている。勇気を与えてくれる、尾仲投手の好投だった。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフ

記事を読む

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

2015年のドラフト候補は?元西武スカウト、日野茂氏の評価

10月22日のドラフト会議まで、あと1週間近くとなった。この1年間、元西武スカウトの日野茂氏とチェッ

記事を読む

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑