*

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

公開日: : プロ野球

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、壁にぶつかっているものの開幕からチームを勢いづける働きを見せ、東京ヤクルトの原樹理投手、横浜DeNAの今永昇太投手は、勝ち星こそあまり恵まれていないものの、チームのローテーションの一角を担っている。

活躍を見せるこの世代は、高校時代に誰が引っ張っていたのか。そしてその後の足取りは?

2011年

大学卒ルーキーが高校3年生だった2011年、夏の甲子園は日大三が優勝をしている。高山俊、畔上翔、横尾俊建、そして吉永健太朗(早大-JR東日本)が中心となり投打にまとまったチームだった。そしてこれらの選手が中心となった高校日本代表は、日本で行われたアジアAAA選手権でも優勝を果たす。吉永健太朗が決勝の韓国戦で1安打13奪三振、パスボールで1点を失い完封ではないが、見事な投球を見せた。

早稲田大に進学をした吉永投手は、大学1年生の春にも全国制覇を成し遂げMVPに選ばれている。もしプロに進んでいれば、今頃はどうなっていただろうか。吉永投手はこの世代をリードする選手の一人だったのは間違いない。また、アジアAAA選手権の韓国戦で、木のバットで横浜スタジアムのスタンドにホームランを叩き込み、ドラフト会議では3球団が1位指名した高橋周平(中日)も世代を代表する選手の一人だった。

しかしこの世代には、同じ東京にもう一人の怪物がいた。帝京高・伊藤拓郎投手である。伊藤は1年生の夏の甲子園で登板すると140キロ後半の速球を連発し、甲子園をどよめかせた。当時1年生だった同世代の選手は伊藤投手を見て、「こんな選手がいるのか」と感じたことだろう。この伊藤選手は打撃でもホームランを量産した。しかし吉永健太朗が台頭してきた3年生の頃は、故障も経験しフォームを崩し、2011年のドラフト会議ではドラフト9位で、この年で最後となった横浜ベイスターズに指名される。

この伊藤投手、ルーキーイヤーの2012年の終盤戦には1軍のマウンドに上り、速球の球威は高校1年生の頃のようなものは見られなかったが、大きく曲がるスライダーを披露し、順調なスタートを切ったように見えた。しかし3年目となる2014年のオフに戦力外を通告される。現在はBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスでプレーし、昨年末のプロ野球12球団合同トライアウトにもチャレンジする等、再びプロのマウンドを目指して努力を続けている。

この世代の選手たちにインパクトを与えたのは、この伊藤拓郎投手だったと思う。

波乱万丈の世代

大学を経て今年ルーキーと言われている選手は、これから始まるプロ野球生活に大きな夢をもってチャレンジしている。チームも期待のルーキーを大切に育てようとしている。しかし、既にプロ野球で戦力外を経験しプロ野球を去った選手もいる。

伊藤拓郎と同じく2014年に戦力外を言い渡された選手の中に、2011年のドラフトで1位指名をされた高校生がいた。唐津商出身の北方悠誠投手である。コントロールは悪いものの153キロを記録した速球が注目され甲子園でも好投し、同じ福岡の北筑高校にいた今永昇太投手とは注目度が全然違っていた。この北方投手は、TBSからDeNAに移されようとしていたベイスターズの旧フロントが1位指名で2人の抽選を外した事もあるが、チームの将来を託す選手として指名をした。

北方投手は制球力を直そうとプロで必死にもがき、フォームをやや下げて臨んだ2013年のウインターリーグで活躍、中畑監督の目に留まった。しかし、翌年のキャンプではその時の球威が見られず、その後ファームでサイドスローにさせられるなどフォームを乱されて、終盤には110キロ台しか球速が出ない状態となり戦力外を言い渡された。

この北方投手はその後、地元の福岡ソフトバンクと育成契約をし2年間3軍で元に戻す努力をしたものの2015年に再び戦力外となり、今年は伊藤と同じ群馬ダイヤモンドペガサスと契約をしている。それでもこの北方投手、2015年の合同トライアウトでは146キロを記録したという。

また2011年のドラフトで、横浜ベイスターズが北方投手より先に指名をしたのが、長身左腕として注目された松本竜也投手だった。この松本投手の交渉権は巨人が獲得したが、昨年秋に野球賭博を行っていたことが発覚し、NPBを失格選手として公示され無期限の追放となった。

野球の人生

野球選手の歩む道というのは、他の人同様に様々である。吉永投手も伊藤投手もドラフト1位選手として指名されそうな注目されたときがあったし、実際にドラフト1位でプロ入りした北方投手と松本投手も、同世代の今永昇太投手や原樹理投手が入ってくるまでプロ野球選手でいることはできなかった。

早くプロ入りしたから良いという物でもなく、ドラフト指名確実と言われたが大学でさらに成長してからプロを目指そうとした選手の中でも、プロ入りできなかった選手がいる。

それでも、吉永健太朗は社会人野球で来年のドラフト会議を目指す。伊藤と北方はBCリーグで自分を磨き、今年のトライアウトにもチャレンジしてくるだろう。世代のトップを争う闘いは、まだ序盤戦といえる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

野球選手のヒーローインタビュー

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけ

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑