*

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

公開日: : 少年野球指導

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習をしていた。小学生も中学生も変わらずに。

経験をしておくと全然違う

4月の時期は、野球塾にとっても選手たちが卒業し、新しい選手の参加が増える時期でもある。小学校の低学年の選手も体験入学をしたりしている。その時期にもかかわらずこの日は、逆シングルで捕球してスローイングするというプレーを練習していた。

ファーストを守るイメージで一二塁間のゴロを逆シングルで捕球してセカンドに送球する。最近は元メジャーリーガーの話などから、逆シングルで捕る事に壁が無くなってきつつあるものの、回り込んで捕るという指導が多いと思う。

確かに体の正面でゴロを捕るのは基本であるが、野球塾では、たとえホームベースの方向を向いていなかったとしても、体の正面でに入れるという事を教え、特にこのようなプレーでは逆シングルで捕球したほうが、セカンドに送球がしやすい事を教えていた。

選手たちも最初は体の動きに慣れておらず、自然と回り込んでしまったりしている。小学校低学年の選手も必死にプレーしている。しかしだんだんと体の使い方や捕球のポイントを掴んでくると、見ていて驚くような素早い送球を見せたりもする。

元プロ野球のコーチ陣に、なぜこの時期にこのようなプレーを教えているのかを聞くと、「早い時期に経験をしておくと、体の使い方を理解し、やっているとやっていないとでは全然変わってくる」と話す。いまこの練習をしている意図には、自分の体の使い方を理解する事で、プレーや体の使い方を考えながら今後練習ができるようにするためなのだろうと感じた。

プロ野球選手は1シーズンに1度あるかないかのプレーも想定して練習をしておくという。様々な状況、そしてプレーを経験しておくこと、その一つ一つが積み重なって素晴らしいプレーヤーになっていくのだろう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

野球教室トレーニング

野球はフットワーク!

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、小学校低学年から中学生、そして大人まで、元のプロの選手が

記事を読む

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

東北楽天シニアチームが発足、プロも選手も第一歩踏み出す!

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、リトルシニアチーム「東北楽天リトルシニア」を発足させた。第1期生と

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑