*

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

公開日: : 高校野球

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の春季大会が真っ盛りで、いよいよ夏への意識が本格的なものになってきた。センバツで注目された投手のうち、創志学園の高田萌生投手と敦賀気比の山崎颯一郎投手を、元西武スカウトの日野茂氏に評価をしてもらった。

創志学園・高田萌生投手

高田萌生投手は2年生の段階で最速150キロを記録し、その秋には中国大会を制して明治神宮大会で全国デビューを果たしている。松坂大輔投手のフォームを手本にして成長した右腕投手で、センバツ大会でも149キロを記録、初戦の東海大甲府戦では1失点完投で勝利し、プロのスカウトからも「大会NO.1右腕」の声が挙がった。

その高田投手の以下の映像を、日野氏に見てもらい評価をしてもらった。

 

Youtube  創志学園・高田投手の立ち上がり 高松商戦 より

 

日野氏は、「これは文句ないね。いい投手」と断言しました。178cmで体重も70kg台だったが、特に下半身の太ももなどが太く、下半身がしっかりしている投手で、その土台があるために、「しっかり腕も振っているし制球もある」と話した。

松坂大輔投手と比較をしてもらうと、「力は松坂の方があるかもしれないが、放り方は高田の方がキレイ」と話す。

センバツでは高松商戦で8つの四死球を出して敗れるなど、まだ課題もある投手だが、強い体とベースにしてプロでもさらに成長できる投手との評価をいただいた。

ちなみに高田投手は岡山県出身であるが、中学校は野球の強豪・明徳義塾中に入学し、高校では再び地元へと戻った。その時、同じ岡山の強豪、岡山理大付の入学も検討していたが、岡山理大付からは推薦は得られず、創志学園に入学したという。スカウティングというものは本当に難しい。

 

敦賀気比・山崎颯一郎投手

高田投手と同じく、高校2年生の時から注目されていたのが、敦賀気比の山崎颯一郎投手だった。山崎投手は188cmの大型右腕で入学時から注目されていたが、1年生秋の明治神宮大会ではエースの平沼翔太が控えに回り、山崎投手に先発の経験をさせていた。

2年時はエース・平沼投手の大活躍で大舞台での投球機会は少なかったが、夏の甲子園の花巻東戦では劣勢の5回から登板すると、2回をノーヒット4奪三振でパーフェクトに抑え、チームも1点差に追いつくなど勢いづける投球を見せていた。しかし明治神宮大会でも好投を見せたものの、スカウトが色めき立つような投球は見られず、常に潜在能力を期待される投手だった。

センバツでは冬の成長が最も期待されていたと思う。そして初戦の青森山田戦では9回4安打9奪三振で完封勝利を挙げたが球速は143キロどまりで、続く海星戦では9回で9安打を許し、2失点で完投したものの敗れた。投球後のプロスカウトの評価では、やはり潜在能力の高さを評価するコメントが多く、この大会でも素質が開花したという評価は得られなかった。

山崎颯一郎投手については、次の映像を見てもらった。

Youtube 【注目投手】 山崎颯一郎・敦賀気比 奪三振シーン 2016センバツ高校野球 甲子園 vs青森山田高校 より

 

日野氏は「下半身の粘りがないね。」とまず話した。確かに1年生や2年生の頃に比べると、強い球を投げ続けることができるし、高めの球もまだあるものの低めの制球もできている。1試合を完投できる投手になっているものの、上半身の感覚と手でコントロールしているように見える。

「角度をつけたがっているのかな?」と話すように踏み込む足のスタンスがそれほど広くない。これだけの長身があればもっとスタンスを広げる事もでき、そこでグッと踏ん張る所が「下半身の粘りがあるか」という事になる。それができるようになれば、バットにより近い所でリリースし、今の球速でもプロでやれる球になるかもしれない。また下半身が安定すれば、もっと強く腕を振る事もでき、それによってコントロールが乱れなくなるようになる。

プロのスカウトが山崎投手に見る潜在能力は、「下半身をしっかり鍛えれば、面白い投手になる」というものなのだろう。

春から夏にかけて、各地では新たなプロ注目の投手が登場している。早くからプロスカウトが見ていた高田投手と山崎投手が、高校最後の夏にどんな投球を見せてくれるのかも注目だろう。

(Professional baseball view 編集部 柄井)

関連記事

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

野球キャンプイン

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選

記事を読む

【高校野球】レギュラーをめぐる戦いがスタート

 夏の高校野球大会が8月25日にやや遅めに幕を閉じて1週間と少し、高校野球はその大会中からすでに、来

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫

記事を読む

夏の高校野球出場校の宿舎マップを作ってみた

 夏の高校野球甲子園大会は明日から始まります。甲子園出場校の宿舎は毎年公表されています。そのマップを

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

今年のドラフトの目玉は高校生左腕、履正社・寺島成輝投手を元プロスカウトが評価

 今年ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が一身に注目を浴びている。10年に一人、20年に一人と評

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑