*

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

公開日: : 高校野球

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫すれば、まだまだうまくなる」と実感したという。

打撃練習を守備練習に活かす

そのチームは人数も多く、打撃練習もバッティングゲージを3台以上設置し、3時間以上打撃練習を続けていた。他の選手は素振りなどの練習に取り組んでいるのだが、グラウンドでは外野で球拾いをしている選手がいるだけだった。日野氏は「せっかくの機会を活かせていない」と監督に話しをした。

「守備というのは生きた球を捕らないとうまくならない。ノックのように打球が来るのがわかっている練習よりも、打撃練習の打球を守るほうが良い」と話す。そして練習を以下のように変えてみてはどうかと監督に提案した。

1.打撃ゲージを2つ程度に減らし、チームを二つに分けてAチームは30分間打撃のみ、Bチームはその30分間を守備に付く

2.バッティングピッチャーは投手ではなく、野手が投げる

3.走塁練習も兼ね、ランナーも置く。そしてベースコーチを置かずに、打球を自分で判断して走塁をする

4.内野ゴロはすべて併殺を獲るようにする

 

数日後、再び指導に訪れると、チームではさらに工夫し、併殺の時にバットに当たってからファーストに送球が来るまでの時間をストップウォッチで測り、4秒以内にすることを目標にしていた。4秒以内に収まると選手からは歓声が起こっていたという。

そして公式戦を迎え、その試合に勝利した。勝利後に監督は日野氏に「試合で始めて併殺がとれました!」と、成果を実感していたという。

練習の方法

高校野球は、チームによっては50人や100人などがおり、Aチーム、Bチームに分けてもなお、多くの選手がいる。それらの選手に練習をさせるために、守備の時間、打撃の時間を区切り、守備ではノック中心に、打撃では多くの選手を打たせるため、ゲージをたくさん用意して効率化を図る。

しかし横浜ベイスターズなどで2軍監督などを務めた日野氏は、生きた打球をベースに守備や走塁に生かすことを優先していた。まだスタートしたばかりだが、試合中の守備のプレーの向上や、ランナーの打球の判断などでこれらの成果がさらに出てくると期待している。

もちろん、既にそのような練習を実施しているチームもあるだろうし、練習の環境や野球部の人数が多かったり少なかったりして同じようにはできないチームもあるだろう。

しかし、これまで長い歴史の中で培われてきた高校野球の練習も、まだまだ先に進むことができる余地はたくさんありそうだ。

つづく

(Professional baseball view 編集部 柄井)

関連記事

敦賀気比が初優勝、思いを継いで福井県勢が甲子園初制覇

 選抜高校野球大会は敦賀気比の優勝で幕を閉じた。敦賀気比は、昨年(2014年)の夏にベスト4、201

記事を読む

この季節の高校野球、チームの形ができる時

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷め

記事を読む

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

高校野球のベスト8と地域の差

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、

記事を読む

【高校野球選手の進路】すぐにプロに入るか、大学・社会人を経由するか

 夏の高校野球が終わり、3年生の高校球児達は自分の将来について考える。野球推薦で大学に入学すべくセレ

記事を読む

高校野球の監督の情熱

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、

記事を読む

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。 意外な選考

記事を読む

天理高校・坂口漠弥選手を元プロスカウトが評価する

 選抜高校野球大会が終わり、高校生たちは夏に向けて動き始めている。そのセンバツで長打力が注目されたの

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑