*

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

公開日: : プロ野球

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しないんだろう」と話した。

固定されているスタメンの選手

まず12球団のスタメンについて見てみる。主なスタメン選手、太字は全試合同じ打順でプレー。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 長野 立岡 坂本 ギャレット クルーズ 村田 小林 P
広島 田中 菊池 ルナ エルドレッド 新井 P
阪神 高山 福留 ゴメス 鳥谷 P
中日 大島 ビシエド 藤井 P
ヤクルト 坂口 川端 山田 畠山 雄平 中村 P
DeNA 筒香 戸柱 P
ソフトバンク 福田 今宮 柳田 内川 松田 中村晃 P
千葉ロッテ 岡田 細谷 清田 デスパイネ 角中 鈴木 田村 中村
西武 秋山 中村 炭谷
楽天 岡島 銀次 ウィーラー 今江 茂木 ゴームズ
日本ハム 田中賢 中田 レアード
オリックス 西野 糸井 モレル

巨人はギャレットとクルーズは20試合中19試合を同じ打順で打っている。坂本選手の故障で1番から3番が変わったものの、スタメンは固まっているとみられる。好調の広島も3番までは全試合固定、ルナ選手の故障により4,5,6が変わったもののスタメンは固定されていると言って良い。

パリーグでも好調の千葉ロッテは多くの打順でスタメンが固定されている。序盤好調だった楽天もそうだったが、故障者が増えてきている。

DeNA、日本ハム、オリックスは4番は固定しているものの、他のポジションが全く固定されていない。リーグ戦前に戦力が整わなかった状況が表れている。

 

スタメンを固定するメリット

石毛氏はスタメンの固定について、故障により変わるのは分かるが、故障をしていない選手で、西武でいえば中村やメヒアは「まだ30前後なのに休ませる試合は必要なのか?」と全試合出場するべきだと話した。「それだけお金をもらっているし、責任があるはず」と話す。

体力的な問題だけでなくスタメン固定ができない理由について、戦力が整っていないチームは仕方ないかもしれないが、「データによって入れ替えているポジションがある。」と話し、相手の先発投手との相性や、調子のバロメーターによって選手を変えるという起用法について疑問を呈した。

スタメンが固定されていないポジションの選手について、日野茂氏は「控え選手はタイミングが合ったら打ちに行ってしまう。その打席で結果を残さないといけないから。」と控え選手の心情について語り、そうするとチーム全体でじっくり攻めるような形ができず、打線が分断されてしまう可能性があるという。固定されていない選手の打席では、早いカウントから当てていくような単調に見える打席も目立つ。相性の良い投手が投げている間に結果を出さなければ、替えられてしまうかもしれない。1試合4打数の中でじっくりとという事はできないのである。

また石毛氏は、「そういう起用をされている選手はやはり責任感が薄れるし、悪かった時のケアができない」と話す。例えば打席で凡退をした時に、次の打席があるかどうかわからないため、次にやり返そうというチャンスも少ない。また結果がでずにその試合が終わってしまうと、不調の状態を引きずったままになり、好調のきっかけをつかめずに1年間が終わってしまう事もある。

確かに戦力を整えるためにいろいろな選手を試し、好調な選手を使っていく事や、データを使って相性の良い選手を出すのも一つだが、「固定メンバーで戦ったほうが、控えになった選手もその役割を担えるようになる」と話した。

チームの状態が悪いチームこそ、選手を固定して使い続ける事で、上り調子になっていくかもしれない。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

育成ドラフト指名選手の1年目での支配下登録

巨人は2015年ドラフト会議において育成ドラフト8位で指名し、育成枠で契約をしていた長谷川潤選手と支

記事を読む

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

ソフトバンク・島袋洋奨投手、もっと自信をもっていい

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・島袋洋奨投手が9月25日の千葉ロッテ戦で8回に登板し、1回をノー

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑