*

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

公開日: : プロ野球

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しないんだろう」と話した。

固定されているスタメンの選手

まず12球団のスタメンについて見てみる。主なスタメン選手、太字は全試合同じ打順でプレー。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 長野 立岡 坂本 ギャレット クルーズ 村田 小林 P
広島 田中 菊池 ルナ エルドレッド 新井 P
阪神 高山 福留 ゴメス 鳥谷 P
中日 大島 ビシエド 藤井 P
ヤクルト 坂口 川端 山田 畠山 雄平 中村 P
DeNA 筒香 戸柱 P
ソフトバンク 福田 今宮 柳田 内川 松田 中村晃 P
千葉ロッテ 岡田 細谷 清田 デスパイネ 角中 鈴木 田村 中村
西武 秋山 中村 炭谷
楽天 岡島 銀次 ウィーラー 今江 茂木 ゴームズ
日本ハム 田中賢 中田 レアード
オリックス 西野 糸井 モレル

巨人はギャレットとクルーズは20試合中19試合を同じ打順で打っている。坂本選手の故障で1番から3番が変わったものの、スタメンは固まっているとみられる。好調の広島も3番までは全試合固定、ルナ選手の故障により4,5,6が変わったもののスタメンは固定されていると言って良い。

パリーグでも好調の千葉ロッテは多くの打順でスタメンが固定されている。序盤好調だった楽天もそうだったが、故障者が増えてきている。

DeNA、日本ハム、オリックスは4番は固定しているものの、他のポジションが全く固定されていない。リーグ戦前に戦力が整わなかった状況が表れている。

 

スタメンを固定するメリット

石毛氏はスタメンの固定について、故障により変わるのは分かるが、故障をしていない選手で、西武でいえば中村やメヒアは「まだ30前後なのに休ませる試合は必要なのか?」と全試合出場するべきだと話した。「それだけお金をもらっているし、責任があるはず」と話す。

体力的な問題だけでなくスタメン固定ができない理由について、戦力が整っていないチームは仕方ないかもしれないが、「データによって入れ替えているポジションがある。」と話し、相手の先発投手との相性や、調子のバロメーターによって選手を変えるという起用法について疑問を呈した。

スタメンが固定されていないポジションの選手について、日野茂氏は「控え選手はタイミングが合ったら打ちに行ってしまう。その打席で結果を残さないといけないから。」と控え選手の心情について語り、そうするとチーム全体でじっくり攻めるような形ができず、打線が分断されてしまう可能性があるという。固定されていない選手の打席では、早いカウントから当てていくような単調に見える打席も目立つ。相性の良い投手が投げている間に結果を出さなければ、替えられてしまうかもしれない。1試合4打数の中でじっくりとという事はできないのである。

また石毛氏は、「そういう起用をされている選手はやはり責任感が薄れるし、悪かった時のケアができない」と話す。例えば打席で凡退をした時に、次の打席があるかどうかわからないため、次にやり返そうというチャンスも少ない。また結果がでずにその試合が終わってしまうと、不調の状態を引きずったままになり、好調のきっかけをつかめずに1年間が終わってしまう事もある。

確かに戦力を整えるためにいろいろな選手を試し、好調な選手を使っていく事や、データを使って相性の良い選手を出すのも一つだが、「固定メンバーで戦ったほうが、控えになった選手もその役割を担えるようになる」と話した。

チームの状態が悪いチームこそ、選手を固定して使い続ける事で、上り調子になっていくかもしれない。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑