*

今度は大学生、社会人の季節

公開日: : 大学野球, 社会人野球

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする。社会人野球も静岡大会、四国大会、岡山大会と続いていく。

新戦力に注目

まず、社会人の大会で注目したいのは新戦力の活躍。特に今年はプロ野球においてルーキーの活躍が目立っており、今年社会人1年目の選手たちはレベルが高い可能性があるし、プロで活躍する同期に刺激を受けていると思う。すでに日本通運の北川利生選手やJX-ENEOSの谷田成吾選手などが東京大会で活躍したが、投手も含めて社会人に旋風を巻き起こすかもしれない。

また、今年のドラフト候補にも注目が集まる。東京ガスの山岡泰輔投手や大阪ガスの酒居知史投手、新日鐵住金かずさマジックの玉井大翔投手などは、高校や大学時代からプロのスカウトが注目しており、社会人1年目から十分の活躍を見せている。今年のドラフトでの指名は間違いないと言われている選手で、その順位を上げるような活躍ができるか。

世代リーダーに

大学生においても、昨年の高校生はレベルが高かったように思える。その中でオコエ瑠偉選手や平沢大河選手、高橋純平投手や小笠原慎之介選手はプロ入りしたものの、U18W杯や甲子園で活躍した選手が各大学に進んでいる。

特に、千葉県大学リーグの国際武道大には、侍ジャパンU18代表で3番を打った勝俣翔貴選手や、東海大相模の主軸だった豊田寛選手が加入する。順調に成長すれば、大学屈指のクリンナップとなる可能性がある。

また東都大学リーグでは、2部の駒澤大学に中京大中京の上野翔太郎投手や近江の小川良憲投手が、東農大に日本文理の星兼太選手が、青山学院大にも智弁和歌山の主砲・山本龍河選手が入る。2部でも全く油断できないリーグだ。

その中で、やはり最も注目されるのは創価大の4年生・田中正義投手となる。すでに大谷翔平投手や藤浪晋太郎投手といった世代を代表する投手のレベルにあるという声もある。そしてリーグ戦でのライバルとなるのが、流通経済大の生田目翼投手。こちらは田中投手にように上背があるわけではないが、150キロを超す速球と動く球を駆使しレベルの高いピッチングを見せる。

全国で田中投手のライバルとなりそうなのが、東京六大学の慶応大・加藤拓也投手と明治大・柳裕也投手というところか。150キロ前後のストレートで押すピッチングをする加藤投手と、140キロ後半の速球に抜群のスライダーで三振を奪う柳投手、どちらも全国トップクラスなのは間違いない。

また、昨年のように富士大の多和田真三郎投手や仙台大の熊原健人投手のように、地方にも逸材が目白押しで、春の戦いで誰が飛びぬけてくるかにも注目だ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集7】ドラフトの目玉、早稲田大・有原航平投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議(10月23日)まであと10日を切り、各球団の動きも最後の慌ただしさを見せている

記事を読む

中央大・島袋洋奨投手の現在、甲子園優勝投手の進路に関して

甲子園の春夏連覇、新しい所では2012年に大阪桐蔭が藤浪晋太郎、森友哉といったメンバーで、1998年

記事を読む

【大学野球選手権特集】富士大・多和田真三郎投手を元プロスカウトが評価する

 いよいよ6月8日(月)より、全日本大学野球選手権大会が始まります。東京六大学からは早稲田大が、東都

記事を読む

挫折もありの野球人生

 野球人生は、平たんな道ではないようだ。少年野球、高校、大学、社会人、そして独立リーグ、プロ野球、メ

記事を読む

クラブチームの甲子園とクラブチームの実態

 ベースボールクラブチームの甲子園でもある、全日本クラブ野球選手権大会が西武ドームで開催された。決勝

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む

駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦で、1部6位の駒澤大は、2部1位の東洋大に1勝2敗と負け越し2部降

記事を読む

2014年の社会人野球シーンを振り返る

 2014年の高校野球、大学野球を振り返りをしました。今日は2014年の社会人野球シーンを振り返りま

記事を読む

2016年のドラフト候補の目玉・田中正義投手

2015年のドラフト会議が終わり、2016年のドラフト会議に向けたスカウト活動がスタートしている。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑