*

希望を持って前に!

公開日: : 少年野球指導

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている。

新シーズン

それぞれ学年があがり、そして小学校から中学生、中学生から高校生、高校生から大学生、大学生から社会人になる人もいる。新しい人生がスタートする。

新しい出会いと、新しいレベルの生活は、それぞれの新たな可能性の芽を出してくれる。そしてその可能性を成長させてくれる。

ただ楽しくて新鮮でという事はない。反面、新たな困難ももたらす事がある。しかしそれも、成長の種となると思いたい。

野球においては、既に新しい生活をスタートしている選手も多いだろう。これまでに知らなかったレベルの高い練習をし、知らなかった技術と出会い、そして新しい目標へと向かっていく。

不安もあるだろうが、希望をもって前に進んでほしい。これまで頑張った事は必ず背中を押してくれる。

これまでのチームを卒業し、新たなチームでプレーする選手を応援しています!

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

目標を立てる

2017年がスタートしました。野球選手の皆さんも、「大会で優勝すると」、「来年の進路を決める事」、チ

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む

バッティングの課題を気付かせる方法

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり

記事を読む

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

石毛宏典氏が考える少年野球選手の育て方

石毛宏典氏は野球教室で少年野球選手に指導を行っている。石毛氏が考える少年野球の育て方について聞いた。

記事を読む

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑