*

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

公開日: : 少年野球指導

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細な配球データを元に、次は変化球やインコースなど狙い球などを読んだり、ヒットやホームラン後に配球を振り返る事も多い。この配球を読む事は、必殺のスキルになるのか。

配球と配球を読む事

配球や配球を読む事については、野村克也氏のID野球が有名である。そのID野球で育った橋上秀樹氏は、巨人の作戦コーチや侍ジャパンの作戦コーチとして、「狙い球を絞る事」を徹底させ、チーム打率を上げるのに貢献したとされる。そして楽天のヘッドコーチを務めた後、今年からは西武の一軍作戦コーチを務めている。

橋上コーチは、「それを狙って三振をしても責任は自分が取る」という形で選手に狙い球を伝える。それにより、狙い球以外の球を見逃して四球が増えるほか、狙い球に対するスイングが良くなり、ヒットの結果が増えるという仕組みのようだ。

しかし石毛宏典氏が橋上コーチに話しを聞くと、「(打率が)280を290にしたり、270を280にすることはできるが、技術が先で+αで配球」と説明した。

石毛氏も現役時代に西武の投手陣と伊東勤捕手のリードを見ていたが、「逆球で三振を奪う事もたくさんある。それで結果的に抑えて伊東が監督賞をもらっていた事もあった」と笑いながら話した。

少年野球、高校生、大学生では技術を磨け

当たり前のことだが、技術がなければ配球を読んでも、さほど貢献はしない。やはり技術を磨く事が先決で、高校野球や大学野球では、技術のある投手も少ない事から、まずは甘い球をきっちりと、しかも遠くへ飛ばすことができる、そのための打撃技術を磨く事が大切だと、石毛氏は話す。

難しい球を打つのではなく、真ん中の球をしっかりと振り、強い打球で遠くへ飛ばす事、そのための技術を身に着けることが大切で、配球を読む事はその次、高いコントロールの技術を持った投手と対戦する時に覚えていければよい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

バッティングの課題を気付かせる方法

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑