*

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

公開日: : プロ野球

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは、強力な打撃陣と豪華投手陣だった。この時の西武の打者が、この西武の投手陣と対戦したらどうなったのだろう。まさに矛・盾の話しになるが、トップバッターやクリンナップを打った石毛宏典氏に話を聞いた。

豪華投手陣

まず、西武の投手陣を見てもらう。年は一緒ではないが最も良い成績を残したと思われるものを載せている。

工藤公康  16勝3敗 防御率2.82 151奪三振  1991年

渡辺久信 16勝6敗 防御率2.87 178奪三振  1986年

郭泰源  15勝6敗  防御率2.59 108奪三振 1991年

石井丈裕 15勝3敗  防御率1.94 123奪三振 1992年

渡辺智男 11勝6敗  防御率2.35 119奪三振 1991年

潮崎哲也  6勝3敗 防御率1.18 64奪三振  1993年(リリーフ)

それぞれが140キロ後半の速球を投げ、特徴のある変化球を持ち、完投能力の十分ある先発と、絶対的なリリーフがそろっている。この投手陣を相手にしたら、相手チームは3連戦の前から覚悟をしなければならないだろう。

石毛氏も他球団の選手などから「西武との対戦では打率が1部は違う」と言われていたという。

西武打撃陣はこの投手陣を打ち崩せるか

この中で最も打てそうにない投手について石毛氏に聞いてみると、潮崎哲也投手の名前が挙がった。潮崎投手はサイドハンドからの大きくて鋭い曲がるのシンカーが特徴だが、「球速も横から140キロ後半が出ていて、打てそうになかった」と話す。まさに絶対的なリリーフだった。

先発について聞いてみると、「この中でエースといえるのはやはり久信」と話した。渡辺久信投手は通算125勝110敗、良い年は上記のように16勝、18勝などを挙げているが敗戦の数も比較的多かったが、石毛氏は「勝手も負けても同じ精神状態で常に投げられる。ローテーションを1年間守っていける投手だった」と話した。

逆に郭投手は117勝68敗と勝率は高いが、「少しでも気になるところがあると『ここが痛い』と言って投げなかった」という。逆にそれによって長い年数を投げることができたのかもしれないが。

また渡辺智男投手も豪快な腕の振りから150キロの速球を投げていた。良い時は手が出ない投手だと石毛氏も話す。しかし、「かなりの神経質、故障した後に痛みがなくなっていても、怖がっていた」と話し、これについてコーチだった日野茂氏も「故障した長くかかる投手だった」と話す。渡辺投手は45勝40敗という通算成績だった。

そして左のエースで現ソフトバンクホークスの工藤公康投手に聞いてみると石毛氏は「いやな投手ではない。スライダーもあるがこの中では比較的対戦しやすい投手だと思う」と話した。通算224勝142敗を記録しているレジェンドは、のちに福岡ダイエーに移籍し西武打線と対戦するのだが、もしこの時の西武打線を相手に投げていたら、どんな成績を残していただろう。

 

実はこの投手陣の他にも、控え投手で良い投手がたくさんいた。しかしこの投手陣の前に1軍で投げる機会は少なく、他球団に移籍してから結果を残す投手もいた。それについては後日紹介します。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

東京オリンピック、野球の実施の課題~その1~

 2020年の東京オリンピックで野球、ソフトボールの実施の可能性が徐々に高まってきた。オリンピックに

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。  20

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

選手の故障の昨今

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑