*

小豆島と小豆島高校と甲子園

公開日: : 高校野球

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを見せた。小豆島高校に今の高校野球の立ち位置を見てみる。

選手宣誓

小豆島高校の樋本主将が行った選手宣誓には、これからの日本が示されていた。まず選手宣誓の全文を見てみる。

「宣誓 今から92年前、第1回全国選抜中等学校野球大会が開催されました。その翌年に創部されたぼくの野球部は、来年の春、高校の統合に伴い、新しく生まれ変わります。当たり前にあった景色がなくなる、その重みをぼくたちは忘れたくありません。当たり前にある日常のありがたさを胸に、ぼくたちはグラウンドに立ちます。そして、支えて下さる方々を笑顔にできるよう、気迫を前面に出し、全身全霊でプレーすることを誓います。」

2011年のセンバツから、いやその前の阪神淡路大震災から触れられてきた震災に対する内容は、あえて含まなかったという。そして触れられたのは、伝統ある学校や野球部が統合によって変わっていく姿だった。東日本大震災の復興はまだ途中だが、日本は人口減少で市区町村や学校が減っていくという、これまで膨らみつづけてきた国から、縮小していく国へと新たな段階に入っている。それを表現した宣誓だった。

高校野球の立ち位置

小豆島高校の初戦に当たり、小豆島から約6000人の応援団が甲子園のアルプススタンドに訪れた。船をチャーターし島民の多くが応援に来てくれたが、応援の練習、夜間の移動、そして甲子園と、多くの人が日常とは違う初めての体験を楽しんでいたように感じた。

地方では高齢化が進み、少子化によって子どもも少なくなった。子どもや若者は、遊んでいても勉強をしていても、周りに活力を与える存在だが、その子どもが少なくなり地方の街は、ゆっくりと流れる時間の中で日常を繰り返している。

樋本選手は日常のありがたさを伝えたが、日常を繰り返していくと変わらない停滞した雰囲気に、その有難さを気付けなくなる。今回は日常の中にある小豆島の人たちを、小豆島高校が非日常へと連れてきてくれた。それによって人々は、日常のすばらしさをあらためて感じることができるだろう。

少なくなった地方の街の子どもたちの夢に乗り、希望を見せてくれた甲子園だった。

プロを目指すために強豪高校に進み、何度か甲子園に出場して夢を勝ち取る事も素晴らしい事だと思うが、改めて高校野球のすばらしさを感じることができた今回の小豆島高校の甲子園だった。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

あさって開幕、選抜高校野球大会の注目ポイント

 いよいよ明後日、日曜日に開幕を迎えた選抜高校野球大会、大会が始まると「いよいよ今年も野球シーズン到

記事を読む

敦賀気比が初優勝、思いを継いで福井県勢が甲子園初制覇

 選抜高校野球大会は敦賀気比の優勝で幕を閉じた。敦賀気比は、昨年(2014年)の夏にベスト4、201

記事を読む

高校野球と地域の知名度アップ

高校野球によって知名度の高い地域がある。例えば池田高校の徳島県池田町(現在は三好市)や、新湊旋風の富

記事を読む

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

高校野球、エラーで負けてしまった選手たちへのメッセージ

 夏の高校野球大会、甲子園では49校による48試合が行われ、そのうちサヨナラで試合が終わったのは5試

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

東海大相模・小笠原慎之介投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今日は今年の高校生の左腕投手でNO1の声もあがる東海大相模・小笠原慎之介投手を、元西武スカウトの日

記事を読む

野球と自分の実力の評価

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑