*

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

公開日: : プロ野球

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている。斉藤、桑田、槙原のいた巨人や、川崎、西村、荒木のいたヤクルトなどと戦ったが、一番強かったのは、1985年に戦った阪神だったと話す。

石毛の日本シリーズ

石毛氏は1981年に入団し、1年目で打率3割に21本塁打を放ちレギュラーを取ると、1982年には西武ライオンズ初の日本一、そして1982年から1994年に西武を離れるまで8度の日本一に貢献している。対戦成績をみると以下のようになる。

年度 対戦相手 勝敗
1994 巨人 2勝4敗
1993 ヤクルト 3勝4敗
1992 ヤクルト 4勝3敗
1991 広島 4勝3敗
1990 巨人 4勝0敗
1988 中日 4勝1敗
1987 巨人 4勝2敗
1986 広島 4勝3敗1分
1985 阪神 2勝4敗
1983 巨人 4勝3敗
1982 中日 4勝2敗

 

 石毛氏は対戦した相手の中で、「中日と巨人は案外戦いやすかった」と話す。巨人とは斉藤、桑田、槙原の3本柱をぶつけられた1990年も4勝0敗で日本一を決めており、4度の対戦で3勝1敗だった。また中日は2度とも退けている。

そして「広島とは苦戦をしている。難しい相手だった」という。広島とは1986年と1991年に対戦し、2度とも退けているが、共に4勝3敗だった。特に1986年は1戦目で引き分けると、2戦目から4戦目までを落とし、0勝3敗と追いつめられる。しかしそこから工藤などの好投により4連勝して逆転で日本一となった。1991年も先に王手をされてから逆転している。

一番強かった相手を聞くと、「1985年の阪神が一番強かった」と話した。

投手も良かった

 1985年は西武が2勝4敗で阪神に敗れ、阪神は球団創設以来初の日本一に輝いている。リーグ戦では真弓、掛布、バース、岡田選手の打棒が爆発し、ホームラン30本以上、打率3割以上を記録、甲子園球場のファンも大いに盛り上がり、他チームを圧倒して優勝をした。

 対する西武も黄金期だった。打者では1番石毛、2番金森、3番田尾、4番スティーブとつづき、守りの要である伊東や辻がいた。若い秋山もサードのレギュラーを獲っていた。投手では東尾、小野、松沼博に若い工藤がおり、1982年、1983年に日本一に輝いている。

 リーグ戦が終わり、少し期間が開いての日本シリーズだったが、開幕は西武球場だったにもかかわらず阪神ファンが多くを占め、そんな中で戦いが行われた。

 確かに阪神打線はこのシリーズでも火を噴き、掛布、真弓が2本塁打、バースは3本塁打を打った。それでも4戦目までは3点差以内の接戦が続いていた。石毛氏はこの日本シリーズについて、「阪神は投手が良かった。池田、ゲイル、伊藤と好投手がそろっていた。」と話した。

故障の中で戦った

 そしてやはり「応援にも圧倒された」とも。石毛はこの日本シリーズで3本のホームランを放ち、敢闘選手に選ばれている。その中ではこんなエピソードがある。甲子園で行われていた第3戦、6回裏の守備でショート後方のフライを追った石毛と金森が接触、阪神ファンの歓声に声がかき消された。石毛は「たぶん足の靱帯がいってるな。プラプラになっていた」と話す。しかし監督の広岡は「行けるのか行けないのか!」と石毛に話、「行きます」と答えるしかなかった。

 しかし痛み止めを打ち、第6戦まで出場した石毛は、第6戦でもホームランを放ち、ショートを守り続け、敢闘賞を獲得した。

 それでもかなわなかった相手が阪神だった。一度きりの対戦だった阪神だが、今でも強く印象に残っているという。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛宏典氏が、同じく1年目から西武

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑