*

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

公開日: : 高校野球

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手として期待されている選手がいる。

平沢大河に続くか

昨年のドラフト会議で2球団が1位指名し、千葉ロッテに入団した平沢大河選手、長打も打てる遊撃手としてプロのキャンプやオープン戦でも注目を集めている。その平沢大河選手も1年前までは高校野球の選手、仙台育英のユニフォームを着て、センバツに向けて練習試合に臨んでいた。

今年もセンバツ出場選手の中で、遊撃手として注目されている選手がいる。一人は青森山田の三森大貴選手、もう一人は敦賀気比の林中勇輝選手。

三森大貴選手

青森山田の三森選手は181cmの右投げ左打ちの遊撃手で、昨年の東北大会では5試合21打数12安打で打率.571を記録した。明治神宮大会では外野からの返球にカットで入り、ホームで刺すなど強肩を見せた他、フェンス直撃の2ベースヒットなども記録した。1試合に1つ程は盗塁も記録し、足も使える選手だ。

明治神宮大会では打った瞬間にガッツポーズをした会心の当たりが、フェンスに直撃して慌てて走るような場面もあったが、守備もダイナミックで、何をするかわからない、見ていて楽しい選手という事では、平沢大河選手に似ている。甲子園に初出場という事で、甲子園の魔法にかかり、スーパープレーを見せるかもしれない。

林中勇輝選手

一方、敦賀気比の林中選手は2年時より甲子園に出場して経験を積んでいる。昨年秋は公式戦12試合で打率.295とあまり調子が良くなかったが、夏の甲子園で見せたレフトポール際のホームランなど、持っている能力を感じさせる。守備も安定感があり、三森選手に比べると大人しめかもしれないが、堅実で好まれる選手だと思う。

ただし林中選手は、昨年のセンバツはチームは優勝したものの、5試合で19打数4安打5打点、打率は.211に終わり、夏は2試合9打数で1安打、打率.111に終わった。夏に1本塁打を見せたものの、甲子園での成績にはまだまだ不満も残る。

3度目の甲子園で自分も納得できるような結果を残すことができるか。

甲子園では昨年は平沢大河選手やオコエ瑠偉選手が大活躍を見せ、1年後の現在は、プロ1軍の試合に出場している。1年後にプロのユニフォームを着ているような想像ができる選手かどうか、期待が高まる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

高校野球のタイブレーク導入に5割が支持のアンケートは適切か?

   高校野球連盟は、選手の健康管理に関するアンケート結果を公表した。報道によると、「回

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む

高校野球と地域の知名度アップ

高校野球によって知名度の高い地域がある。例えば池田高校の徳島県池田町(現在は三好市)や、新湊旋風の富

記事を読む

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

高校野球の名将の引退

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は20

記事を読む

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む

【センバツ注目選手】遊撃手編~その1~ 仙台育英・平沢大河選手を元プロスカウトが評価する

 今月21日に開幕するセンバツ高校野球大会が近づいてまいりました。3月13日には組み合わせ抽選会が行

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑