*

バッティングの課題を気付かせる方法

公開日: : 少年野球指導

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり取り上げられた。打撃に課題があるが少しずつ改善され、オープン戦などで結果を残しているという形で報道されているが、石毛宏典氏は、まだまだだと話した。

本人が気が付く事が大切

オコエ選手のバッティングの課題は、うちに行くときにヒジがやや前に出て「ゆるんでしまう」事だ。石毛氏は打撃について、まずは肩、ひじ、手首で五角形で構え、うちに行くときはヒジは曲げずに三角形の状態になっていなければならないが、オコエ選手の打撃を見ると、三角形にはなっていない。

東北楽天の池山打撃コーチは、肘の部分をゴムチューブで縛り、その形を作り上げようとしている模様も報道されており、課題は明らかだ。しかし、オープン戦での打撃ではまだ、ゆるむ状態が見られる。

石毛氏は「自分で気が付かせないといけない」と話した。

石毛氏はかつて、福岡ダイエーの2軍監督の時に柴原洋選手の打撃の指導をした。柴原選手は鳴り物入りでプロ入りしたものの、1年目は66試合に出場して打率は.158と低迷していた。2軍監督に就任した石毛氏は柴原選手の打撃をみると、上体を前に突っ込むような形で構えていた。そこで石毛氏は、「その状態でしゃがんでみろ」と話すと、窮屈でなかなかしゃがめない。そこで、では真っすぐに構えてしゃがませると、楽にしゃがむことができた。

窮屈な構えになっていたことに気が付いた柴原選手は、その年は1軍で111試合に出場し打率.314を記録、その後もリーグを代表するトップバッターとして活躍をつづけた。

選手自身に気付かせることができたという。

言葉の難しさ

言葉というのは難しい。上から叩けというと、少年野球の選手だけでなく、大学野球の選手でも極端に上から叩きつけるようなスイングをしてしまう。実際には打撃はレベルスイングが自然であり、時にはアッパースイングでも良い。

DeNAの梶谷選手は、プロ入団時にコーチだった鈴木尚典氏から、上から叩くスイングを指導された、鈴木選手の打撃はアッパーではなく確かに上から入るような打撃だった。しかし梶谷選手は結果がでないと、蓬莱コーチが「好きに打ってみろ」と指導し、現在の下から救い上げるような打撃で長打を打った。自分のスイングにして、逆に思い切り振れるようになり、結果が出せるようになった。

基本的に打撃は「バットを強く振る事」で、振れるポイントを見つける事だという。

石毛氏は少年野球選手にも指導をしているが、言葉で指導する難しさを知っているため、例えば、紙を丸めたボールを作りそれを投げ、素手でキャッチさせるという。そうすると、手だけで取りに行ったのではうまく取れず、ヒザや腰を使って捕まえにいくようになる。

このように、言葉と共に選手に気付かせるための引き出しを多く持つことが重要だ。しかし、例えば紙ボールを使ったり、しゃがませて見せたりというアイディアにつながるかというと、それは現役時代からいろいろと試したり、考えながらやっていた経験やはり難しい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑