*

OBへの尊敬

公開日: : プロ野球

昨日、侍ジャパンと強化試合で対戦した台湾のナショナルチーム、その4番を打った陳金鋒選手のセレモニーが行われた。台湾のLamigoモンキーズでプレーし、今季限りでの引退を表明している陳選手は、ドジャースでプレーし、代表でも4番として長年チームを引っ張ってきた。

レジェンド

強化試合の終了後に、陳選手のセレモニーが行われた。アテネオリンピックに出場した台湾の主砲で、北京オリンピックでは予選で日本に敗れ出場を逃したものの、ダルビッシュ有投手からホームランを放っている。日本にとっては上原浩治選手や松坂大輔選手も陳選手に打たれるなど、天敵だった。

その陳選手は今季限りでの引退を表明しており、国際試合はこの試合が最後だった。そのためのセレモニーだったが、観客が半ば帰った球場で行われていた。セレモニーがあることが観客に伝えられていたのだろうか?もし知っていれば、セレモニーまで残っていた人も多いと思うのだが。

それはさておき、台湾のレジェンドの存在を改めて感じさせた。

 

OBに敬意を示すメジャーリーグ

日本の野球の歴史は長く、多くの名選手が活躍し、引退をしていった。確かに、引退をするときには引退試合が行われ、セレモニーが行われる。活躍をした選手にはそのような場が用意される。

しかし石毛氏は、プロ野球を引退後、そういった名選手に対しての敬意が、日本ではあまり見られないという印象があると話す。

石毛氏はアメリカでコーチを経験しているが、メジャーリーグやマイナーリーグでは、控室には、チームで活躍して引退した選手のロッカーがそのまま残っていて、いつでもロッカーに入って利用してもよい形になっているという。また球場に続く通りに、かつての名選手の名前が入っている事も多いという。

またそれは選手だけでなく、コーチやトレーナーなど、チームに大きな貢献をした人に対しても同様で、チームを離れた後もいつでも来てほしいという心があるのだという。

日本では、プロ野球OBが球場に来る事がよくあるが、選手はもちろん球団職員も気が付かない事が多い。日野茂氏が西武のコーチをしていた時も、試合前の練習にスタンドにOBの姿を見つけると、グランド内に入ってもらい、選手全員を集め、「この方は、プロ野球でこういう活躍をされた方で・・・」と選手に説明をし、OBから一言、話をしてもらったという。

しかし日野氏がコーチから離れると、そういう事も行われなくなったと話す。

 

元プロ野球選手だったことを誇りに思える世界に

選手は若い人が多いため、そういうOBに気が付くことは少ないだろう。しかし球団にとって、OBは宝物だと思う。現在は球団職員も、若い人が多かったり、オーナーが変わった球団も多く、かつての名選手が来た時にそれに気が付き、日野氏のような対応をするという事は難しいだろう。

しかし、プロ野球OBは非常にたくさんいる。そういう方が、家族共に球場に来て、オールドなファンとスタンドで交流をしたりできれば、それはOBにとってもファンにとっても、そして球団にとっても素晴らしい事だと思う。

プロ野球選手は、引退後も長い時間がある。その中で別の人生を歩む必要がある。そこで、「昔はプロ野球選手だった」という誇りを持てるような、そういう世界になって欲しい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球キャンプイン

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

オリックスの2015年のチーム構成

 昨年、パリーグの優勝をあと1勝の差で逃したオリックス、シーズンオフには本気の補強を見せています。今

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑