*

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

公開日: : スカウト活動

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加しているルーキー選手に張り付いていたスカウト達は、今年のドラフト会議に向けての活動を本格的に始める。

選手のリストアップ

プロ野球のスカウトは、代替は担当エリアが決まっている。とは言うものの、北信越と中部、や関東、東北というように、非常に広い範囲を任される。そして、基本的に担当エリアにいる、高校生、大学生、社会人、独立リーグの選手は、把握しておかなければならない。

スカウト会議ではスカウト部長などから、他球団が注目している選手についても聞かれたりする。その時に、きちんと見ていて評価ができているかどうかは、スカウトの能力の一つといえるだろう。と言っても、広いエリアを担当しており、当然、すべてのチームを周れっこないし、エリア内のドラフト候補と言われる全員を、全員見ることはとてもできない。

前年のうちに下級生の選手もチェックしておき、リストアップをしておく。そしてその選手を見るようにスケジュールを組んでいくのが基本となる。そして、その選手が出場している試合で、他の選手をチェックしたり、または球場にいる地元のファンや、他球団のスカウトから情報を得たりして、リストアップする選手を広げていく。

基本的には球場で見たり聞いたりした情報が主となるが、今ではネット上で有力な選手や隠し玉と言われるような選手も、様々な人によって紹介されていることが多い。移動時間などにそういう情報をチェックし、可能であれば視察スケジュールに入れておく。スマートフォンを使って、選手の名前を調べれば、基本的な情報は載っている事が多い時代となった。

 

スカウト活動は変わったのか

視察の報告や視察した選手の評価の報告も、スマートフォンにより報告できるようになった。しかし球団が、細かく報告することも求めやすくなった。「試合始まる前と後に必ず連絡をしなければならない球団もあった」と元スカウトの日野氏は話す。また選手の評価も、視察後の宿泊施設で報告書をまとめてすぐに送信する必要もある。

例えば、移動手段の検索や、試合の状況などを調べるのは、スマートフォンなどですぐにできるようになり、便利な時代になった。しかし、選手を見て判断するのはネットではできない。選手の所に足を運び、試合だけでなくチームの練習場まで足を何度も運ぶことになる。基本的に足を使うのは今も昔も変わらない。逆に多くの情報が入ってきてしまうため、逆に仕事は多くなっているのかもしれない。

 

スカウトが直接選手を見るの事は、AIやITの進化により将来はだんだんとクリアされていくかもしれない。しかし、その選手を視察に行き、自分がスカウトをしているという姿を見せる事で、選手との絆を深めたり、選手に無言のエールを送る事も大切な仕事だといえる。

スカウトと選手、人と人。変わらない部分は変わらない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【野手編】2015年のドラフト候補は?元西武スカウト・日野茂氏の評価

 あと1週間に迫ったドラフト会議、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏がチェックした、今年のドラフト候

記事を読む

夏の高校野球、プロのスカウトは何を見ているのか?

 季節は7月、暑い季節となりました。そして熱い高校球児の戦いが各地で行われています。新聞でも注目の球

記事を読む

【ドラフト会議特集11】選手を獲得したときのスカウトの気持ちは?

 いよいよドラフト会議まであと2日となった。選手にとっても運命の日だが、スカウトにとっても1年間、ま

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む

現在のランクと将来のランク、斎藤佑樹と田中将大

選抜高校野球大会が終わり、今度は大学野球の春季リーグ戦が始まりました。社会人も各地の大会が行われ、そ

記事を読む

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

守備の良くない投手はどのように評価されるのか

 投手の評価、もちろん打者に対する投球のすばらしさが最も評価される点だが、ドラフト会議で指名された投

記事を読む

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑