*

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

公開日: : スカウト活動

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球団が1位指名をするという声もある中で、他に田中正義投手に対抗できそうな投手はいないのだろうか?成長を期待したい4投手に注目をしてみた。

ドラフトの1位候補としては、球威や球速以外でもコントロールが良く、試合実績も十分な投手が即戦力として評価される。今年のドラフト候補では、流通経済大の生田目翼投手や、大阪ガスの酒居知史投手、東京ガスの山岡泰輔投手などが挙がっている。

ここでは、一皮むければ一気に田中正義投手や大谷翔平投手のようになりそうな、体が大きく速い球を投げる投手を探してみた。

白鴎大・中塚駿汰投手

まず最初に紹介したいのは、田中正義投手や大谷翔平投手と同世代の白鴎大の中塚駿太投手。中塚投手は190cm101kgの身体があり、153キロのストレートを投げる規格外の投手だ。しかし、リーグ戦にはほとんど登板せず、登板しても短いイニングで四球を与えて失点し降板をしてしまう。

速い球を投げるもののコントロールが悪くて活躍できない代表のような投手だ。しかし、2014年の横浜市長杯の上武大戦で中塚投手が7回に登板すると、常時150キロの圧巻の投球を見せ、また2015年の11月には東京情報大とのオープン戦で先発し、ストレートは151キロを記録、3回2安打2四球3三振で無失点に抑えた。

 

 Youtube  中塚(つくば秀英→白鴎大)最速152キロ から

 

中塚投手の映像を見た元西武スカウトの日野茂氏は、「うーん」とうなり、「下半身が使えていない。上半身で投げている」と指摘した

 

近畿大・畠世周投手

次に紹介するのも大谷・田中と同世代の投手、近畿大の畠世周投手。186cmの長身があり、まだ線は細いものの150キロを記録する。

畠投手は2年生になってリーグ戦で登板をし始めたが、2回に1四球を出すような形で勝ち星も3年生の春まで2勝ずつ6勝しか挙げられていない。しかし3年生の秋のリーグ戦で3試合連続完封をすると、6勝3敗4完封、四死球も65回2/3を投げて19とまずまず、防御率も1.78でリーグ6位の成績を残した。一気にブレークした印象がある。

畠投手についてはあまり良い映像が無いものの、実績も残しつつあり今年は多くのスカウトが注目する投手になりそうだ。

 

日本製紙石巻・宝利亮投手

日本製紙石巻の宝利亮投手は、186cm81kgの右腕で、最速は146キロを投げる。宝利投手は昨年の都市対抗で登板し、1回で2安打を許すも146キロの速球で2三振を奪った。この宝利投手は近大福山から近大、そして日本製紙石巻に進んだが、近大では4年間で34試合に登板したものの6勝8敗に終わっている。ちなみに近大福山や近大では畠世周投手の先輩だった。

 

 Youtube 2015.7.19 日本製紙石巻・宝利亮投手 から

日野氏は宝利投手について、「良い球を投げる」と評価したものの、「まだまだ上体だけで投げている。下半身が使えるようになれば、もっと伸びてくる」と話した。

 

JR東日本・進藤拓也投手

最後はJR東日本・進藤拓也投手。進藤投手は西仙北高校から横浜商大に進み、大学時代に150キロを記録して注目されていた。しかし、コントロールが悪く、投げてみないとわからないという投球で、実績を積み重ねることは出来なかった。

この進藤投手だが、2015年の都市対抗野球では三菱重工神戸戦でリリーフで登板し153キロを記録、1回をノーヒット1四球に抑えた。しかし、日本選手権では日本生命戦で先発を託されたものの、4回途中までに4安打に4つの四死球で自責点は2、試合は1-11で敗れ、先発として試合の流れを壊してしまった。

 Youtube 2015/07/20 JR東日本・進藤拓也投手

 

日野氏は進藤投手についても「上体に頼った投げ方、リリースもバラバラでこれではコントロールは安定しない」と話した。

 

スカウトとしては楽しみ

映像では3人の投手について見てもらったが、日野氏からは「下半身が使えていない」「上体で投げている」という共通の指摘をした。評価としては厳しいものだった。

しかし日野氏は「こういう投手を見に行くのはスカウトの楽しみでもある」と話す。「課題が見えているので、それを改善した時、どんな投手になるのか非常に楽しみ」と笑いながらいう。こういう投手を見て、直せる課題なのかどうかを判断し、それが治った時の投球を想像すること、これがスカウトの醍醐味の一つだと思う。

180cm後半と大きな体で、150キロを超す、あるいはそのくらいを投げる力がある投手たち、いつか課題を克服して試合で投げられる投手となり、将来は田中正義投手や大谷翔平投手と比べられる投手となる可能性を秘めている。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

夏の高校野球、プロのスカウトは何を見ているのか?

 季節は7月、暑い季節となりました。そして熱い高校球児の戦いが各地で行われています。新聞でも注目の球

記事を読む

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

明らかになる選手の能力、チームの選手を見る目は一致しているか?

新人合同自主トレがスタートした。そこには選手を預かる1軍2軍の監督やコーチ、担当したスカウト、そして

記事を読む

野球選手、野手の評価が難しい理由

以前、選抜高校野球大会に出場する田島大樹選手を元スカウトの日野氏に評価をしてもらいましたが、Yout

記事を読む

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

プロ野球スカウトの面白さ ~昔のスカウトの仕事~

 北海道日本ハムの山田GMが退任されるようだ。思えば最近のドラフト会議で、唯一会場を湧かせてくれる球

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑