*

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

公開日: : 少年野球指導

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ入り後すぐに、アマチュア時代のプレーが見られなくなった選手は大勢いる。

上書きの怖さ

野球に限らずどんなスポーツでも、あるプレーを身に着けるには、センスの差こそあれ時間がかかる。繰り返し繰り返し練習して、そのプレーを体に覚えさせる。これはスポーツだけでなく勉強においても一緒だろう。覚える事、体に覚えさせるには時間が必要だ。

逆に、覚えたものは一瞬で失う可能性もある。それは覚えたことを「忘れてしまう」という事ではなく、別のものに上書きされてしまうという事だと思う。

例えば長い間積み重ねたバッティングフォームがある。それを十分に体が覚えていれば、少し変わったフォームで打ってもすぐに元に戻せる。しかし、体が十分に覚えていない状態で、例えば体が疲れていて、いつもと違ったバッティングフォームをしていたとする。そうすると、それが上書きされてしまい、元のフォームを忘れてしまったりする。

 

成長するには

確かに、投球フォームのある部分を変えただけですぐに球速が10キロも速くなったという選手もいる。たしかに非常に短時間で、以前とは全然違う球を投げていた。それでも、少し経ってその投手をみると、以前の状態、いやそれよりも良くない状態になっていた。

埼玉西武の大石達也投手も、大学時代には140キロ前後の速球でも空振りを奪える、回転のかかった驚異的なストレートを投げていたが、プロ1年目のキャンプで先発転向をめざし、体をつくりかえたりフォームを変えた所、以前のような速球は見られなくなってしまった。

成長するには、そしてプロでも活躍するには、繰り返して体にしみ込ませること、フォームを変える場合にはそれを頭で理解しながら行い、前に戻す事を意識しながら行う事が重要だと思う。言われた通りにやるのではなくて。

作り上げるのは一生、失うのは一瞬。野球に限らずすべてにおいて。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

目標を立てる

2017年がスタートしました。野球選手の皆さんも、「大会で優勝すると」、「来年の進路を決める事」、チ

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑