*

変わる野球の育成システム

公開日: : 少年野球指導

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育てていく環境ができつつある。

これまでは有望な選手をピックアップ

メジャーリーグを筆頭とするアメリカの野球は、多くの野球選手にプレーする機会を与え、その中で自らがプレーを磨いていく形。MLBはその多くの選手の中から素晴らしいプレーを見せる選手をピックアップし、また世界中から選手を集めて世界最高峰のリークを作り上げている。

かつて高校からメジャーリーグに行きたいとしていた大谷翔平投手を、日本ハムの幹部が説得した資料にあるように、MLBは「選手を淘汰する仕組み」、日本の野球は、「選手を引き上げる仕組み」とした。例えばMLBはキャンプなどで徐々に選手が少なくなっていく(基準に達していない選手は解雇されていく)ようなイメージがある。

日本のプロ野球は、メジャーリーグに比べると、選手を抱える人数も限られており、また選手に支払える年俸もMLBとは大きな差があり、選手の雇用人数も大きな差がある。しかしそのため、貴重な70人前後の選手を全員戦力にしようという雰囲気もある。

しかしながら、その日本の野球でも、少年野球、高校野球には毎年多くの野球部員がいたため、強豪の高校や大学は、中学や高校で活躍した選手を推薦で獲得している。その選手選択の基準は、監督やチームとの関係等の要素があり、アメリカよりもあいまいなのだが、いずれにしても選手を選択していく形が取られる。

 

これからは育成

しかし現在は少子化が進んでいる。そしてスポーツの多様化もあり、野球選手の人口はますます減っていく。その中で強豪チームがチームの強さを維持するために有望選手を獲得しようとし、結果的に一部の有望選手に多くの高校が獲得を狙う事態になる。また、大学などの野球部に割り当てられる推薦枠が減少している所もあり、活躍した選手を獲得しにくくなっているようだ。

そうなると、実績などは無いものの運動能力の高い選手を集めて育てていく方針のチームが結果を出し始める。現在の大学野球は東京六大学や東都リーグのチームに対し、地方の大学が良い結果を見せるようになっている。その傾向が出てきている。

プロ野球でも福岡ソフトバンクが、高校生や潜在能力のある大学生などを獲得し、3軍などのファーム組織で育てる体制を作り上げている。この流れはプロ野球の他球団にも波及していくかもしれない。

これからは少ない選手の中で、その選手を育てていく事が重要になってくる。そのための環境や指導者の力がますます問われる事になる。

 

少年野球の環境も

少年野球の環境も変わっていく。ボーイズやリトルシニアといった大きなリーグに所属するチームや、中学校の名門校に進むと、有力高校に推薦で進める(可能性がある)ため、有望選手が集まるのだが、今後は、選手や親が自分自身でチームを探し、野球選手として成長できる環境を探していかなければならない。

現在は元プロ野球選手が教える野球塾も増えており、埼玉県のzeroベースボールアカデミーでは、これまでのの元プロ野球選手による野球技術の指導の他に、プロのトレーナーによるトレーニングマシンを使った体作りをスタートさせる。

中学生からジムに通い体を鍛える選手もだんだん増えているが、将来野球選手になるための環境は充実してきているといえる。

小数精鋭のスタイルになっていく日本野球、その変化は現在進行形で進んでいる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

バッティングの課題を気付かせる方法

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑