*

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

公開日: : 高校野球

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プロが大きな期待を持ち、登板を待っている投手がいる。それが大阪桐蔭・高山優希投手だ。

大阪桐蔭・高山優希投手とは?

高山優希投手は180cmの左腕投手である。昨年の秋はエースとして近畿大会では3試合に先発し、2回戦の智弁学園戦では9回8安打9奪三振7四死球で4失点完投、決勝の滋賀学園戦でも9回11安打5奪三振2四死球で2失点完投と、圧巻の投球という事はなかったが、強豪チームのエースとして力を十分にみせていた。

そして明治神宮大会でも2回戦の木更津総合戦で先発し、9回を投げて9安打3奪三振7四死球で2失点完投、最速は141キロと近畿大会と同じように先発でランナーを許すものの失点を許さず、粘って勝利を手にするエースだった。しかしその評価が、準決勝の高松商戦で一変する。

6-7と追い上げを見せた9回に高山投手はマウンドに立つと、これまでのようなフォームとはガラッと変わり、投げるたびに帽子を飛ばし、140キロ後半の直球を連発する。そして神宮球場に150キロと表示され、高山投手は一気に注目左腕となった。

今年のセンバツ大会でも注目左腕とされる左腕だが、実は昨年のセンバツでも登板している。準決勝の敦賀気比戦、先発のエース・田中誠也投手が2回までに松本選手のホームランなどで10失点し、2回途中から登板したのが高山投手だった。この時は大体130キロ中盤の速球と変化球を織り交ぜ、4回1/3を4安打3奪三振無失点に抑える好投をみせていた。

2大会連続の登板は確実とみられるが、昨年とは大きく変わったピッチングを見せそうなのが、この高山投手だ。

 

元プロスカウトが評価する

元西武ライオンズのスカウトをしていた日野茂氏に、高山投手の以下の動画を見てもらった。

Youtube 【素晴らしい速球】 高山優希(大阪桐蔭)

 

youtube 高山優希(大阪桐蔭/2年)ピッチング 150キロ計測

 

日野氏は最初に一言一言、「投げ方がいいね」「下がきちんと使えている」と話した。球速が135キロ前後だった昨年のセンバツ時の投球を見ても、140キロ前後の近畿大会の投球をみても、そして150キロを記録した時のフォームをみてもどれも素晴らしいものだと話す。

フォームが変わって速くなったのではなく、そのフォームが自分のものになり、力いっぱい投げても崩れないものになったのだろう。また体に力がつき、球速はぐんぐんと伸びた。

ちなみに、大阪桐蔭で左腕といえば辻内崇伸投手を思い出す。辻内投手は3年夏の甲子園で156キロを記録し、ドラフト会議では2球団がドラフト1位で競合し、巨人が獲得をした。しかし、その後は制球難に度重なる左ひじの故障により、プロで活躍することはできなかった。

その辻内投手とくらべてどうかを日野氏に聞くと、「辻内とは全然違うよ。投げ方が良い。こっちは問題ない」と話した。

センバツで145キロくらいの速球をかなりの数投げられれば、今年のドラフト会議では1位の声も挙がってくるだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球キャンプイン

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

大谷・藤浪世代で次に出てきそうな選手と、その次の世代

 プロ野球では6月11日に北海道日本ハムvs巨人戦では北海道日本ハムの大谷翔平投手、阪神vs千葉ロッ

記事を読む

高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?

 高校野球連盟は2014年5月末現在の部員数を発表し、昨年より3224人多い170,312人となった

記事を読む

天理高校・坂口漠弥選手を元プロスカウトが評価する

 選抜高校野球大会が終わり、高校生たちは夏に向けて動き始めている。そのセンバツで長打力が注目されたの

記事を読む

【高校野球】レギュラーをめぐる戦いがスタート

 夏の高校野球大会が8月25日にやや遅めに幕を閉じて1週間と少し、高校野球はその大会中からすでに、来

記事を読む

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

浦和学院は3日目第3試合!!

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZER

記事を読む

高校野球100年、審判員も100年

 100年目の高校野球大会が開幕した。第一回全国中等学校優勝野球大会は1915年8月19日~23日に

記事を読む

高校野球のベスト8と地域の差

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑