*

ドラフトの注目遊撃手、中京学院大・吉川尚輝選手を元スカウトが分析する

公開日: : スカウト活動

今年のドラフト会議で、注目されている大学生がいる。中京学院大の吉川尚輝選手は、プロのスカウトがドラフト上位候補に挙げる遊撃手だ。吉川選手を、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏に映像をみて分析してもらった。

守備が抜群

吉川尚輝選手は176cm75kg、右投げ左打ちの遊撃手で、中京高校から中京学院大に進んだ。1年生の空きからレギュラーとして活躍し、2季連続で打率4割を超え、3年秋までにリーグ通算89安打を記録している。ホームランは0本だが3ベースは10本を記録しており、2年春と秋には最多盗塁も記録した。長打を放つスラッガーではなく、足もある選手という印象を受ける。

また特に注目されているのは守備で、プロ1軍レベルとの声も聞く。その吉川選手については以下の映像がYoutubeにあり、今回はこの映像を元に元西武ライオンズのスカウトだった日野茂氏に見てもらった。

吉川 尚輝 内野手(遊撃) 中京学院大 フィールディング集 2015秋季リーグ  - ma dra氏

 

日野氏はまず、下半身がうまく使えていると話し、「全体的に打球への入り方がよくフットワークが使えている」と評価した。動画の1:30からのプレーはバットの当たった所からの動きがみられるが、反応も悪くなく、グラブさばきも良いとのこと。

ただし1:10からのプレーはファンブルをしている。これについては「早く投げたい気持ちが強く、捕った後のグラブの収め方に課題がある」と指摘もした。ただしこの点については、「言われればすぐに直る、そういう選手のように見える」と話した。

内野守備については非常に辛口な日野氏だが、今回は「非常にいい」との評価だった。

 

遊撃手はきちっと守れる選手が多くなく、プロの球団も安心してショートを任せられる選手を常に探していると言って良い。吉川選手は元プロのスカウトも認める貴重な遊撃手候補という事になる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部 柄井)

関連記事

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

背の低い選手に注目する

 野球はバレーボールやバスケットのように身長が高い必要はない。サッカーに比べても頭上のプレーが多いわ

記事を読む

【野手編】2015年のドラフト候補は?元西武スカウト・日野茂氏の評価

 あと1週間に迫ったドラフト会議、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏がチェックした、今年のドラフト候

記事を読む

大阪商業大・岡田明丈投手を、元プロスカウトが評価する

 大阪商業大の岡田明丈投手がこの春に150キロを記録し、連日のようにプロ野球のスカウトが姿を見せてい

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

明らかになる選手の能力、チームの選手を見る目は一致しているか?

新人合同自主トレがスタートした。そこには選手を預かる1軍2軍の監督やコーチ、担当したスカウト、そして

記事を読む

【ドラフト会議特集5】スカウトの1年

 10月23日のドラフト会議まであと2週間と少し、各地で大学のリーグ戦が終盤戦の盛り上がりを見せてい

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑