*

球春到来!プロ野球キャンプの見方

公開日: : プロ野球

いよいよ今日からプロ野球のキャンプがスタートする。各チームとも新戦力も加わり、監督が交代したチームなども新チームとして迎える事になる。

戦力と新方針

新戦力については、本当に見てみないとわからないもののようだ。例えばドラフト会議で獲得した即戦力の選手も、実際に見てみると、「これは使えるのか?」と思う事があると、西武ライオンズや横浜ベイスターズでコーチや2軍監督として指導をした日野茂氏は語った。

また新外国人についても、オリックスで監督を務めた石毛宏典氏は就任1年目のキャンプで、ブラウン選手とオーティズ選手を見て1軍で起用するのは難しいと思ったという。また石毛氏は仰木監督の後をついで監督に就任したのだが、仰木監督は選手全体を集めてミーティングを行うという事はあまりせず、まずはそれを実施するために、場所の確保から始まったという。

選手にとってみても、監督が変わった場合などは、昨年までの監督は攻撃重視で、捕手も遊撃手も打撃の良い選手が優先されたが、新監督が1点を守り抜く野球をテーマとした場合、守備力の高い捕手や遊撃手を起用することになる。選手によっては昨年レギュラーだった選手が起用されにくくなることもあり、危機感が迫る。

 

コミュニケーションが大切

キャンプではノックや打撃でのさく越えなどが注目されるが、最も注目すべきところは、監督とコーチ陣、現場とフロント、そして首脳陣と選手のコミュニケーションがちゃんとできているか、だろう。

監督はコーチ陣に、自分の考える野球を伝えられているかどうか。

フロントは現場に、新戦力の情報を伝えられているかどうか、また戦力の課題を伝えているか

首脳陣は選手に、今年のチームの戦い方を伝え、また、課題や技術を伝えられているかどうか

最近はキャンプの模様をテレビで中継する機会も増えたが、監督がどのように動いて誰と話したのか、コーチが誰を重点的に指導をしたのか、などを現場で見てみると面白いかもしれない。

監督の考える野球と、フロントの戦力補強の方針、コーチ陣の選手の起用や分析、そして選手たち戦力が一つの方向を向いたとき、優勝を狙えるチームになっていく。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

選手の故障の昨今

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛宏典氏が、同じく1年目から西武

記事を読む

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

ドラフト注目選手を、石毛宏典氏、日野茂氏が斬る 第1回「オコエ瑠偉選手・関東第一」

 プロ野球ドラフト会議が10月22日に迫ってきた。様々なメディアで注目選手が取り上げられているが、元

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑