*

球春到来!プロ野球キャンプの見方

公開日: : プロ野球

いよいよ今日からプロ野球のキャンプがスタートする。各チームとも新戦力も加わり、監督が交代したチームなども新チームとして迎える事になる。

戦力と新方針

新戦力については、本当に見てみないとわからないもののようだ。例えばドラフト会議で獲得した即戦力の選手も、実際に見てみると、「これは使えるのか?」と思う事があると、西武ライオンズや横浜ベイスターズでコーチや2軍監督として指導をした日野茂氏は語った。

また新外国人についても、オリックスで監督を務めた石毛宏典氏は就任1年目のキャンプで、ブラウン選手とオーティズ選手を見て1軍で起用するのは難しいと思ったという。また石毛氏は仰木監督の後をついで監督に就任したのだが、仰木監督は選手全体を集めてミーティングを行うという事はあまりせず、まずはそれを実施するために、場所の確保から始まったという。

選手にとってみても、監督が変わった場合などは、昨年までの監督は攻撃重視で、捕手も遊撃手も打撃の良い選手が優先されたが、新監督が1点を守り抜く野球をテーマとした場合、守備力の高い捕手や遊撃手を起用することになる。選手によっては昨年レギュラーだった選手が起用されにくくなることもあり、危機感が迫る。

 

コミュニケーションが大切

キャンプではノックや打撃でのさく越えなどが注目されるが、最も注目すべきところは、監督とコーチ陣、現場とフロント、そして首脳陣と選手のコミュニケーションがちゃんとできているか、だろう。

監督はコーチ陣に、自分の考える野球を伝えられているかどうか。

フロントは現場に、新戦力の情報を伝えられているかどうか、また戦力の課題を伝えているか

首脳陣は選手に、今年のチームの戦い方を伝え、また、課題や技術を伝えられているかどうか

最近はキャンプの模様をテレビで中継する機会も増えたが、監督がどのように動いて誰と話したのか、コーチが誰を重点的に指導をしたのか、などを現場で見てみると面白いかもしれない。

監督の考える野球と、フロントの戦力補強の方針、コーチ陣の選手の起用や分析、そして選手たち戦力が一つの方向を向いたとき、優勝を狙えるチームになっていく。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。  20

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

吉田正尚選手、高山俊選手、ドラフト1位候補を石毛宏典、日野茂が斬る

前回に引き続き、今年のドラフト会議で1位指名に名前の挙がる選手を、石毛宏典氏、日野茂氏に斬ってもらい

記事を読む

新監督は活躍できるか

来年は巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、横浜DeNAのラミレス監督が指揮を執る。共に監督就任は

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑