*

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

公開日: : 高校野球

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。

意外な選考

今年のセンバツ出場校の選考が困難なものになることは、難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考で書いたが、32校の出場校が決まり、意外な選考となった。

東北、北信越、関東・東京

東北は秋季大会で青森山田と八戸学院光星が決勝に進出、同じ県からの2校の出場となるか、地域性を考え、青森山田に敗れた盛岡大付かと考えられが、地域性よりも実力を考慮し、青森山田と八戸学院光星が選出された。そして補欠校にはベスト4のチームではなく、ベスト8で敗れた仙台育英が先に呼ばれた。

北信越も敦賀気比と福井工大福井の福井勢が2強となったが、こちらもそのまま選出された。

この点については、近年は実力を評価する傾向があり予想通りとも言えるが、東北の補欠校は意外なものだった。

また関東は予想通り関東大会ベスト8の花咲徳栄が選出された。二松学舎大付は昨年は同じように準優勝の立場で選出されたが、2年連続とはならなかった。

 

近畿、中国・四国

意外だったのは近畿、ベスト4の大阪桐蔭、滋賀学園、龍谷大平安、明石商と、ベスト8で大阪桐蔭に敗れた智弁学園は順当に選ばれたが、6校目には市立和歌山が選出された。市立和歌山は準々決勝で明石商に0-7で敗れている。一方、候補と見られた報徳学園は、準優勝の滋賀学園に0-1と接戦で敗れていた。

和歌山県では決勝で14-2と圧勝し1位で近畿大会に出場したことが、兵庫2位で出場した報徳学園との差となったようだ。また兵庫は明石商が出場するため、地域性という事も考慮されたとみられる。

次に中国・四国は、中国の創志学園と南陽工業、四国の高松商、明徳義塾は順当に選出された。しかし四国3校目には明治神宮大会で全国制覇をした高松商に5-6で敗れた済美高校ではなく、明徳義塾に3-4で敗れた土佐高校が選ばれた。共に県大会では3位での出場、力としても互角に見える両チームで、それならばチャンピオンの高松商と接戦を演じた済美が有利と見られていた。

選考理由の後で選考委員長よりチーム名は明かさなかったものの、「セカンドランナーが不審な動きを見せた事」を強く指摘されていた。詳細は分からないものの選考されなかったチームへの指摘と見られ、委員長は「高校野球は教育の一貫であり、あるまじき行為」と話した。

それもあるのだろうか、中国・四国の6校目は島根の開星が選出された。

 

21世紀枠の影響は?

北海道、東海、九州は順当に決まり、21世紀枠は岩手の釜石高校、兵庫の長田高校、香川の小豆島高校が選出された。釜石高校と長田高校が選出されたことで、岩手の盛岡大付や兵庫の報徳学園が後ろに回った可能性もあるかもしれない。また小豆島高校の選出により、中国・四国は3校づつとなったことも考えられる。

波乱の選考だったが、理由はしっかりとしているようだ。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

no image

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてき

記事を読む

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れ

記事を読む

浦和学院は3日目第3試合!!

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZER

記事を読む

高校野球100年、審判員も100年

 100年目の高校野球大会が開幕した。第一回全国中等学校優勝野球大会は1915年8月19日~23日に

記事を読む

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第1回:東京六大学~

 高校野球のスタンドでの応援は、高校野球の花の一つである。この応援によってチームに勢いがつく。また野

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑