*

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

公開日: : 高校野球

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそうだ。

地域性の問題、東北枠と北信越枠

東北地区と北信越地区は、それぞれ2校の出場枠がある。例年であれば昨年の東北大会、北信越大会の優勝チームと準優勝チームの2強でやすやすと決まるのだが、事は様相が違う。

東北大会では共に青森の青森山田が優勝、八戸学院光星が準優勝をし、北信越大会では福井の敦賀気比が優勝、福井工大福井が準優勝と、同じ県から2強が出ている。優勝した青森山田と敦賀気比の選出は間違いないだろうが、八戸学院光星と福井工大福井には「地域性」という壁が立ちはだかる。

地域性とはセンバツ出場校の選考の理由の一つとして理由に入ってくるもので、基本的には同じ都道府県が枠を独占するよりは、より多くの都道府県の代表を、というものだ。それは非常にあいまいで、近年は秋季大会の結果を尊重し同一都道府県でも選出されることが多いが、関東や近畿などでは最後の枠を巡って地域性が優先される事もある。

東北の選考を考えてみると、地域性を考えると、東北大会で優勝した青森山田に1-5で敗れた盛岡大付属の可能性が出てくる。しかし八戸学院光星は、青森大会では1位で出場(青森山田は青森大会では3位だった)しており、青森独占となっても実力を見て八戸学院光星の選出となるか。

北陸の選考については、北陸大会決勝で福井工大福井は1-6で敦賀気比に敗れているが、福井大会決勝では0-8で敦賀気比に敗れている。準決勝では長野の佐久長聖が優勝した敦賀気比に3-7で敗退している。この点をどのように評価するかとなるだろう。

 

毎年選考が難しくなる関東・東京と近畿

関東・東京と近畿はそれぞれ6校の出場枠がある。6となると秋季地方大会のベスト4と、ベスト8となった4チームの中から2校を選ぶことになり、毎年選考が難しくなり、特に関東・東京は別の大会で行われるため、ややこしくなる。

関東・東京を見ると、関東のベスト4と東京の優勝チームはほぼ確定となる。しかし最後の1校は東京の準優勝チームとはいかず、関東のベスト8の中から選出される事がある。これも東京から2つよりは他の都道府県という地域性と考えられる。

決勝の戦い方などで判断されるのだが、今年はそれも難しい。東京大会では二松学舎大付が優勝した関東第一に3-4で敗れ接戦を演じた。また関東大会では埼玉県の花咲徳栄が、準々決勝で優勝した木更津総合に1-2と接戦で敗れている。共に注目の左腕投手がおり、センバツに出場すれば期待感が増す。地域性で考えると関東のベスト4に埼玉県のチームはいない。この状況で選出されるのは二松学舎大付か花咲徳栄か、非常に難しい。

近畿は今年は比較的スムーズに決まりそうだ。ベスト4は順調に大阪桐蔭(大阪)、滋賀学園(滋賀)、龍谷大平安(京都)、明石商(兵庫)が選出されそうで、残りの2校は優勝した大阪桐蔭と準優勝の滋賀学園に敗れたベスト4チームが有力となる。智弁学園(奈良)と報徳学園(兵庫)は準々決勝でもそれほど点差を離されずに敗れているため、兵庫は2校になるが問題なく決まりそうだ。

 

明治神宮枠が絡み合う四国・中国枠

四国中国枠は合わせて5校が選出され、それぞれの地方大会の2強と、のこり1校をどちらかのベスト4のチームから選ぶ事になり、ここも例年難航している。しかし今年は昨年の明治神宮大会で四国代表の高松商が優勝し、出場が1校加算されて6校となった。それならば、中国から3校、四国から3校となるが、四国のチームが優勝したのだから四国から4校でも良いのではないかという意見もある。

それぞれの2強、高松商(香川)、明徳義塾(高知)、創志学園(岡山)、南陽工(山口)と、高松商に5-6と接戦で敗れた済美(愛媛)は問題なく決まりそう。残り1校を中国大会で創志学園に0-5で敗れた開星(島根)か、四国大会で明徳義塾に3-4と接戦で敗れた土佐(高知)かという事になる。地域性などを考えると開星が優性だと思うが、四国がもらった1枠という事を考えると高知から2校になるが土佐の可能性もある。

 

その他の枠

北海道は1枠で優勝した札幌第一が、東海は2枠で優勝した東邦高校(愛知)といなべ総合(三重)が、九州は4枠でベスト4の秀岳館(熊本)、海星(長崎)、日南学園(宮崎)、鹿児島実(鹿児島)が確実だとみられる。

21世紀枠は正直どこが選出されるかはわからないので、今回は予想しないが、札幌清田(北海道)、釜石(岩手)、上尾(埼玉)、長野(長野)、宇治山田(三重)、長田(兵庫)、出雲(島根)、小豆島(香川)、八重山(沖縄)の中から3校が選ばれる。

注目のセンバツ出場校の決定は明日29日、どのようなチームが出場するのか注目したい。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

高校野球のタイブレーク導入に5割が支持のアンケートは適切か?

   高校野球連盟は、選手の健康管理に関するアンケート結果を公表した。報道によると、「回

記事を読む

今年のドラフトの目玉は高校生左腕、履正社・寺島成輝投手を元プロスカウトが評価

 今年ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が一身に注目を浴びている。10年に一人、20年に一人と評

記事を読む

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手

記事を読む

あさって開幕、選抜高校野球大会の注目ポイント

 いよいよ明後日、日曜日に開幕を迎えた選抜高校野球大会、大会が始まると「いよいよ今年も野球シーズン到

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑