*

プロ野球選手とセカンドキャリア

公開日: : プロ野球

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公表した。昨年10月に宮崎で行われた「みやざきフェニックス・リーグ2015」に参加した現役の選手にアンケートをしており、回答者の平均年齢は23.7歳と若い選手が対象となっている。

引退後の進路希望

・引退後の進路希望(「やってみたい」と「興味がある」の合計%)を表にまとめ、昨年のアンケート結果と比較してみる。

順位 進路希望 回答(%) 昨年順位(%)
1 高校野球指導者 72% 1位(75%)
2 大学社会人の指導者 64%  2位(64%) 
3 一般企業の会社員 63%  7位(48%)
4 スカウト・スコアラー等 59%  4位(56%) 
5 プロ野球監督・コーチ 58%  3位(60%) 
5 アカデミー・子供の指導者 58%  5位(55%) 
5 球団打撃投手、用具係等裏方 58% 6位(49%)
7 社会人チームで現役続行 49%  8位(45%)
8 飲食店開業 44%  8位(45%)
9 海外で現役続行 33% 10位(34%)

 

大きく回答が増えたのは、一般企業の会社員(48%→63%)と、球団打撃投手・用具係等裏方(49%→58%)、逆に減少したのは高校野球指導者(75%→72%)と野球解説者(33%→29%)という所だろう。

 

一般企業への就職

一般企業の会社員という回答が増えたのは、元巨人の松谷竜二郎選手が引退後に現在・スチールエンジ株式会社の代表取締役になっていたり、元大洋の市川和正選手はソニー生命に入社すると、営業成績で日本一になった事もある。また同じくソニー生命で営業をした元大洋の大門和彦投手は、独立してIDC-アイディーコンサルティング株式会社を立ち上げているほか、元広島の紀藤真琴投手はパーソナル電電株式会社の執行役員となっている。

元東北楽天の一場靖弘投手がプロ野球を引退後に紀藤氏に呼ばれ、同会社で仕事をしており、企業にもプロ野球選手の人脈が広がってきている。これから少子高齢化により若い人材が減っていく中で、必要性は高まっていくとみられる。

 

高校野球指導者

最も回答が多いのはやっぱり高校野球指導者、現在野球部がある高校は徐々に減っているものの4021校と多く、プロ野球のほぼ全選手が高校野球を経験している事、また比較的若い監督が指導をしているなどが挙げられる。アマ選手指導資格回復の制度もでき、教員資格が無くても高校の監督に就任している選手もいる。

当サイトの調査で、高校野球の指導者になっている元プロ野球選手は高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手に一覧でまとめているが、35人が高校で監督やコーチとして選手に指導をしている(このほかにもいるかもしれません)。

指導資格回復後に「学生野球指導者登録届」を提出、その際に指導を希望する都道府県なども記載する。そうすると希望の各都道府県の高校野球連盟に「学生野球指導回復者の一覧」として掲載され、各高校から要望があれば指導にいくという形となっている。

多くは母校のコーチとなり、いずれ監督にという流れが多いものの、野球部を強くして学校の知名度を上げたいという高校などからも要望をうける事もあるだろう。

大学社会人の指導者については、多くはかなり経験を積んだ方が監督になっていることが多い。今回は若手選手へのアンケートのため、自分とそう違わない選手への指導や、高校からプロ入りしている選手は、なかなか希望しにくいだろう。

 

もっと流動的に

埼玉県の野球塾・ゼロベースボールアカデミーでは、元横浜ベイスターズヘッドコーチの日野茂氏、元西武の清水宏悦氏、元大洋の駒崎幸一氏、元西武の上田浩明氏が少年野球選手に野球を教えているが、他の野球塾にも指導に行ったり、週末には野球教室の参加したりと、あちこちに移動して指導をしている。

また全国各地で元プロ野球選手が指導をする野球塾が開設されており、少年野球選手に指導をしている。そのネットワークも広がりつつある。

高校野球でも、入部した選手の特徴によって、例えば同じ左腕投手だった元プロ野球の指導を定期的に受けたりと、もっと流動的に元プロ野球選手が指導できる流れができれば良いと考える。

やはりプロ野球選手というのは、野球に関する考え方は確かなものを持っており、それを共有している。少年野球、高校野球、大学社会人と積み重ね、プロ野球選手となった事の価値は計り知れず、できればその価値を次に伝えられるような形が広がればよい。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

【ドラフト会議特集10】ドラフト会議、各球団の抽選の勝率は?

 今年のドラフト会議でも1位指名で1人の選手に複数の球団が指名する可能性が高いとみられています。そこ

記事を読む

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑